コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミセル micelle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミセル
micelle

分子間力による多数の分子の集合体を一般にミセルと呼んでいる。 (1) 界面活性剤溶液がある濃度以上になったときにできる界面活性剤の分子またはイオンの集合体。ミセルができはじめる限界の濃度を臨界ミセル濃度 (cmc) という。界面活性剤の水溶液では,活性剤 (分子またはイオン) が集ってミセルをつくり,この大きさがコロイド粒子の大きさに相当する。このようなコロイドミセルコロイドという。 (2) クリスタリットのこと。高分子物質を構成する微結晶,または繊維組織の基本構成単位。ミセルが集ってミセルストランド,ミクロフィブリル,フィブリルと進み,ついに1本の繊維を構成する。セルロースのミセルは 500× 50Å程度の大きさであるとされている。ミセルは高分子物質の特性を説明するのに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミセル【micelle】

分子内に親水性部分と親油性(疎水性)部分とをあわせもつ物質を両親媒性物質と呼び,界面活性剤はその典型的なものである。このような物質を水に溶かすと,ある濃度以上で,親水基を外に親油基を内に向けて,数十から百数十分子が集まって,図に示すような会合体をつくる。このような会合体をミセルと呼ぶ。数十nmの直径をもち,会合コロイドの一種である。ミセルの存在は,1913年マクベーンJames William McBain(1882‐1953)により提唱された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミセル【micelle】

界面活性剤などの分子またはイオンが数十個から数百個集まってつくるコロイド粒子。例えば水中の石鹼分子は、親水性のカルボキシル基を外側に、親油性のアルキル基を内側にして配列し、球状のミセルをつくる。会合コロイド。
繊維などの高分子物質中で、分子が集合配列して結晶状になっている部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミセル
みせる
micelle

二通りの意味に用いられるので、以下それぞれについて記す。(1)多数の分子が分子間力で会合して生成した親液コロイド粒子のこと。1912年にアメリカのマックベインJames William McBain(1882―1953)が提唱した用語である。せっけんやアルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS)などの長鎖の電解質の溶液では、ある一定の濃度(臨界ミセル濃度、CMC)以上になるとミセルの形成がおこる。このようなミセルの生じているせっけん水溶液などには、水に溶けにくいはずの有機溶媒を加えても溶解してしまう。これを可溶化という。これは、加えた溶媒がミセルの構成分子の末端(親油基)の間にとらえられるためで、このために当然ながらミセルのサイズは変化する。しかし有極性の液体の添加では、親油基は影響を受けないのでミセルサイズの変化はおこらない。(2)高分子物質を構成する微結晶をミセルとよぶ。ときには混用を避けるためにクリスタライトcrystalliteとよぶこともある。セルロースや絹、羊毛などの繊維組織の基本単位であり、このミセルの集合配列したものをミクロフィブリル、さらに高次に集まったものが繊維(ファイバー)となる。ミセルの大きさは、X線小角散乱法や広角X線法によるか、あるいは電子顕微鏡により直接ミセルを観察すれば求められる。絹などの繊維では溶解法がとられることもある。
 もともとミセルということばは、1858年にスイスの植物学者ネーゲリが、デンプンやセルロースのゲルが光学的に異方性を示すことから、ゲル中に微細な結晶質粒子の存在を予想し、これに対して与えたものである。今日でのミセルのモデルは、総状ミセルといわれているものが一般的に認められているものである。鎖状高分子が平行に集まって束をつくり、これがミセル(クリスタライト)をなす。分子の末端部は総状となって他のミセルの端と結合し、無定形部分を形成しているというモデルである。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミセルの言及

【吸収】より

…脂肪の吸収は,糖,タンパク質加水分解産物の場合とはちがった機序で行われる。脂肪の消化の結果生じたモノグリセリド,脂肪酸は,胆汁酸とともにミセルとよばれる微細粒子を形成する。ミセルは,疎水性の部分を内包し親水性の極性部分を外側にした構造をしており,水溶液中で安定である。…

【コロイド】より

…粒子コロイドが安定に存在する要因は粒子表面の電荷である。 セッケンの溶液がコロイドの一種であることはかなり以前から知られていたが,アメリカのマクベインJ.W.McBain(1913)はこれがセッケン分子の会合によると考え,その会合体をミセルと呼んだ。界面活性剤分子が水溶液中でコロイド次元の会合体を形成することは,その後多くの研究により明らかにされ,これらは会合コロイドと呼ばれる。…

【リン脂質(燐脂質)】より

…水を少量含んだ有機溶媒にはよく溶け,細胞や組織からはよくクロロホルム‐メチルアルコール混合液を用いて抽出される。水に溶かすと大半はミセルを形成する。 グリセロール誘導体ではないもう一つのリン脂質はスフィンゴミエリンsphingomyelinである。…

※「ミセル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミセルの関連キーワードマセレイティングエンザイムコアセルベーションツヅミモ(鼓藻)アラビノキシランカルボキシル基カゼインミセルヒアルロン酸アラビノース分散(化学)コロイド溶液ナノキャリア胆汁ミセル超分子化学ペントサン分子組織化クラフト点アルキル基キモシンリパーゼ乳化重合