コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマガラス Corvus frugilegus; rook

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマガラス
Corvus frugilegus; rook

スズメ目カラス科。全長 45~47cmで,ハシボソガラスよりやや小型。全身は金属光沢のある黒色。はまっすぐで長く,先がとがる。成鳥は嘴の基部が灰白色で,すべて黒いほかのカラス類と区別できるが,東部の亜種は灰白色の部位が小さい。分布はスカンジナビア半島北部を除くヨーロッパからユーラシア大陸中央部を横切り,東アジア中国東南部に及ぶ。北部に分布する鳥は秋冬期には分布域の南部に移動して越冬する。ステップや農耕地に生息するが,都市にすみ,周辺の森に営巣する地域もある。集団繁殖し,巣は樹上に枝を積み上げてつくる。地面に嘴を突っ込んでミミズや昆虫の幼虫などをとるが,小哺乳類や果実,木の実,死んだ動物,生ごみなども食べる。日本では冬鳥(→渡り鳥)で,平地の農耕地に生息する。渡来地がかつては局所的だったが,近年では全国に広がっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマガラス
みやまがらす / 深山鴉
rook
[学]Corvus frugilegus

鳥綱スズメ目カラス科の鳥。ユーラシアの温帯に広く分布するが、日本には冬に主として九州西部に渡来するのみである。全長約47センチメートル。ほぼ全身黒色、嘴(くちばし)の基部の周りは羽毛がなく灰白色であるが、東アジアのものはその部分が非常に狭い。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤマガラスの言及

【カラス(烏∥鴉)】より

…巣立った若鳥はしだいに集まり群れをつくる。 日本にはこのほかにミヤマガラスC.frugilegusとコクマルガラスC.monedulaが冬鳥として九州に渡来し,ミヤマガラスは年によっては多数渡来越冬する。九州北部で〈千羽烏〉〈渡り烏〉といわれているのはこのミヤマガラスである。…

※「ミヤマガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヤマガラスの関連キーワードカラス(鳥)パミール高原カラス(烏)集団営巣地浦本昌紀狩猟鳥獣山烏

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android