コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマクワガタ(昆虫) ミヤマクワガタ

百科事典マイペディアの解説

ミヤマクワガタ(昆虫)【ミヤマクワガタ】

クワガタムシ科の甲虫の1種。体長雄43〜72mm,雌32〜39mm。黒褐色でときに赤みを帯びる。雄の頭部には大きな大顎が二叉(ふたまた)に突出。日本全土の平地〜低山地にすみ,成虫は6〜8月に現れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android