コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマヨメナ Miyamayomena savatieri (Makino) Kitam.

2件 の用語解説(ミヤマヨメナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマヨメナ【Miyamayomena savatieri (Makino) Kitam.】

本州,四国,九州の山地の林内に生えるキク科の多年草。茎は高さ20~50cm,根出葉が多く,ふつう叢生(そうせい)する。下部の葉は長柄に翼があり,長楕円形で,上部の葉は無柄,いずれの葉も少数のあらい鋸歯があり,両面に微毛がある。花期が5~6月であるところから,〈六月菊(ろくがつぎく)〉とも呼ばれる。花は淡い青紫色の舌状花と黄色の筒状花とからなる頭花で,枝の先に1個つく。径3.5~4cmの大きさである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマヨメナ
みやまよめな / 深山嫁菜
[学]Gymnaster savatierii (Makino) Kitam.

キク科の多年草。茎は普通叢生(そうせい)し、高さ20~50センチメートル。根出葉は花時にもあり、長柄がある。葉の表面は濃緑色である。5~7月、枝先に径3~4センチメートルの頭花を1個つける。舌状花は淡青紫色または白色、管状花は黄色。痩果(そうか)は倒卵状長楕円(ちょうだえん)形、冠毛はない。日本の特産種で、山地の林床や日陰に生え、本州から九州に分布する。ヨメナに似るが、冠毛はないので、別属とされる。ミヤコワスレ、アズマギクといわれて園芸店で売られるのは、本種の栽培品種である。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミヤマヨメナの言及

【アズマギク】より

…またヨーロッパからアジアにかけて分布するヨウシュタカネアズマギクE.alpinus L.(英名Alpine fleabane)も同様に用いられる。花屋で“アズマギク”と呼んでいるのはミヤマヨメナAster savatieri Makinoのうち,大輪で色も美しい植物のことで,本種とは関係がない。【小山 博滋】。…

※「ミヤマヨメナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone