コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュトス mythos

翻訳|mythos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュトス
mythos

古典ギリシア語では,歴史的事実の記録に対し虚構の物語をさし,アリストテレスの『詩学』では物語を順序立てた劇の「」ので使われている。哲学は基本的にはミュトスから離れロゴスに基づくが,名状しがたいことを述べるため (ソクラテス以前) や論理的思索を偏見から解放するため (プラトン) ,しばしばミュトスの比喩的,直観的表現を用いた。アリストテレスはミュトスとロゴスを区別したが,哲学は驚きから始まり,ミュトスも不思議な事柄から成るがゆえに,ミュトスを愛する者もある意味で哲学者であるとした (『形而上学』) 。近世のロマン主義哲学 (なかんずくシェリング) やニーチェはミュトスを非合理的世界解釈として再評価した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミュトス(〈ギリシャ〉mythos)

《語り伝えられるものの意。「ミトス」とも》自然・神々・英雄などについて民間に伝わる物語。伝説。伝承神話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ミュトス【mythos】

〔話・物語の意〕
神々・英雄・動物・自然現象・文化現象などに関する非現実的・空想的・擬人的な物語。神話。伝承。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のミュトスの言及

【演劇】より

… ところで,舞台を見てそこで演じられていることに同化するには,まずそれが〈信じられるかどうか〉という,観客の内部の直観的・感覚的であると同時に知的でもある受容・参加の可能性が問題になるだろう。しかもそこで演じられている〈物語〉(アリストテレスはそれをミュトスmythosと呼んで悲劇の最重要の要素とした)が信じられるか否かだけではなく,それが信じられるような仕方で提示されているかどうかが問題になる。たとえばマラルメは,ワーグナー楽劇の作用は一種の宗教性を帯びるとして,ゲルマン民族の始原の謎を解きあかす〈神話〉とその〈形象〉へと,交響楽の始原回帰の作用に導かれて観客=聴衆が合体するのだと説いたが,このようにあからさまに宗教にとって代わる仕組みを作り出した場合でなくとも,演劇は一種の〈信仰の業(わざ)〉である。…

【ギリシア神話】より

…ローマ人はギリシアの神々についての物語を相似たローマの神々の上に引き移すことで,そっくりこれを受け入れて,やはり文学,造形芸術の糧としたし,後のヨーロッパは大小さまざまな規模のルネサンスによって,このギリシア・ローマ神話を受け取った。その伝統の強大さの証の一つは現代西欧諸語で〈神話〉を表す言葉はことごとくギリシア語のミュトスmythosに由来することにうかがい知れる。われわれの〈神話〉の語も近代西洋語を通してのミュトスの翻訳語にほかならない。…

【ギリシア文学】より

…彼の師プラトンは,真理究明を目ざす哲学の見地から見れば,詩文は虚妄の影に過ぎないと断じたが,アリストテレスは文学の創作と享受こそ人間の生の喜びに根ざし,あらゆる学の出発点たりうることを示す。師プラトンは,道徳的見地から見て,詩文・弁論は社会的諸悪の源泉であると批判したが,アリストテレスは,文学の魂ともいうべき人間行為の構造的把握(ミュトスmythos)こそ,人間が己の生を理解する優れた道である,という。また彼は,いかなる英知も正論も,人の心を知り己の言葉を律する法則によって語られることがなければ実践的価値を示しえない,と措定し,その法則(修辞学)の体系的解明を遂げる。…

※「ミュトス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュトスの関連キーワード国家(プラトンの対話篇)アナグノリシスティマイオスアナムネシスディオティマストーリーメタバシス自然現象プロット動物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android