コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュンツァー ミュンツァー Müntzer, Thomas

6件 の用語解説(ミュンツァーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュンツァー
ミュンツァー
Müntzer, Thomas

[生]1490頃.シュトルベルク
[没]1525.5.27. フランケンハウゼン
ドイツの急進的宗教改革者,アナバプテスト,1525年テューリンゲン農民一揆 (→ドイツ農民戦争 ) の指導者。いわゆるツウィッカウの予言者の一人。マルチン・ルターの推挙でツウィッカウへ説教に行ったが激しい論争を起こし,同市を退去してプラハへ,さらにザクセンへ赴き,千年至福的神秘主義と急進的社会思想とを結びつけ「神なき者ども」に対する武装闘争を組織した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミュンツァー(Thomas Münzer)

[1490ころ~1525]ドイツの宗教改革者、再洗礼派の神学者。ルター・フスらの影響を受けたが、のち、その急進思想のためルターと対立。共産主義的改革を主張し、ドイツ農民戦争を指導したが、敗れて斬首された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミュンツァー

ドイツの宗教改革者。ルターの妥協的な態度にあきたらず,再洗礼派の一派を形成した。教会や国家など,堕落した既成の秩序の終焉と,本来の平等をとり戻した地上における〈神の国〉の建設を唱えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミュンツァー【Thomas Müntzer】

1490ころ‐1525
ドイツの宗教改革者,再洗礼派の神学者。チューリンゲンでの農民戦争の思想的指導者。ハルツのシュトルベルクに職人の子として生まれた。ライプチヒ大学フランクフルト・アン・デル・オーデル大学に学ぶ。聖職者となり,早くから強烈な反体制的志向をもち,ルターが宗教改革を開始すると,まもなくルターの陣営に身を投じ,カトリック教権制を激しく攻撃した。しかしルターの教義を信奉したことはなく,一方で,ドイツ神秘主義の伝統に立って,霊魂の基体における神の啓示にのみ信仰と救済の根拠を認めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミュンツァー【Thomas Müntzer】

1490頃~1525) ドイツの宗教改革指導者。千年王国説に強い影響を受け、神秘主義的信仰と社会変革とを結びつけて民衆の抵抗権を主張し、ルターと対立。原始キリスト教的共産生活を再現しようとドイツ農民戦争を指導したが、敗れて処刑された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュンツァー
みゅんつぁー
Thomas Mntzer
(1489ころ―1525)

ドイツの宗教思想家で、ドイツ農民戦争の指導者。中部ドイツのシュトールベルクに生まれる。ライプツィヒ大学で学び、初めザクセン各地で下級聖職者として働いた。ルター派とは早くから接触し、当初はこれを支持し、1520年ルターの推薦でツウィッカウ市の説教師となった。そのころより急進的活動を開始し、ツウィッカウを追放されたのち、一時プラハに赴いた。帰国して、1523年アルシュテット市の司祭となり、下層市民、鉱夫、農民に説教し、これを秘密結社に組織した。翌1524年8月ふたたび追放され、一時南ドイツを遍歴したのち、ミュールハウゼン市に移った。ここでは急進的聖職者ハインリヒ・プファイファーHeinrich Pfeiffer(?―1525)と協力して、市参事会を変革することに成功し、同市を農民戦争の有力な拠点たらしめた。しかし、ヘッセン方伯フィリップら諸侯軍の攻撃を受け、フランケンハウゼンの戦い(1525年5月15日)に敗れて捕らえられ、ミュールハウゼンで斬首(ざんしゅ)された。
 彼の宗教思想は、神秘主義的色彩が濃く、聖書よりは「神の直接的啓示」を至上の宗教的体験とし、その体験を受け入れる前提としていっさいの現世的欲望の放棄を強調した。そして、このような真のキリスト者による平等な「神の王国」の実現は、歴史的必然であり、眼前の農民戦争がそれである、と説いた。領主支配の廃止、「すべては共有である」と説く彼の思想は、現代共産主義の先駆として、今日高く評価されている。[瀬原義生]
『マルクス=エンゲルス全集刊行委員会訳『ドイツ農民戦争』(『マルクス=エンゲルス全集』第7巻所収・1961・大月書店) ▽田中真造著『トマス・ミュンツァー』(1983・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミュンツァーの言及

【キリスト教】より

…しかし〈ツウィッカウの預言者たちZwickauer Propheten〉に見るような熱狂も最初から存在して,これを抑えざるをえないルターの改革は,たとい教皇を悪魔として退けるにせよ,現実にはカトリック教会の慎重な改組以上のものとはなりえないことも予見されていた。 1524年春には,それまで改革の協力者だったミュンツァーによって農民運動が起こり,最初は改革に結びついていたがやがて離れ,ルターからはげしく非難されたのみならずカトリック諸侯からさらにきびしく処置された。これを契機として改革運動が民衆から離れ,以後領邦君主の利害関係が反映したり,福音主義内部での教義論争に動かされて,改革が〈同盟と信条〉のレベルで行われたことは宗教改革の限界を示すものといえるかもしれない。…

【宗教改革】より

…事態を憂慮したルターのウィッテンベルク帰還(1522春)によってこの騒擾自体は収まったが,同種の急進主義は,伝統的な社会体制を変革しようとする下層市民や農民の要求と結びついて各地に飛火し,教会秩序を混乱させる危険を生んだ。〈狂信派〉の最も有力な指導者として活躍したのがトマス・ミュンツァーで,彼は1525年の有名なドイツ農民戦争に大きな役割を演じ,反乱が領邦君主により武力で鎮圧される中で処刑された。この経験は,もともと社会観において保守的だったルターやその協力者たちに強い衝撃を与え,以後,宗教改革の政治的主導権は領邦君主に移っていく。…

【チューリンゲン】より

… 16世紀に入って,チューリンゲンはドイツ農民戦争の中心の一つとなった。ミュンツァーが,1525年4月,ミュールハウゼン市を中心として農民を組織し,同市の市民・農民合同団をはじめ,フルダ修道院領,ランゲンザルツァ,エルフルトなどに農民団が結成され,多くの修道院,城砦が焼き払われた。ヘッセン方伯フィリップらの封建軍がチューリンゲンに進撃し,フランケンハウゼンの戦で農民軍を撃破したのは同年5月15日のことである。…

【ドイツ農民戦争】より

…北フランケンには,ビルトハウゼン農民団が形成され,フランケン3農民団は,5月9日,ビュルツブルク司教のマリーエンベルク城を囲んだが,攻め落とすまでにはいたらなかった。 チューリンゲン地方では,ミュンツァーを中心として運動がすすめられた。ミュンツァーは1525年3月ミュールハウゼン市の市会を改組して〈永久市参事会〉を設立し,4月下旬ミュールハウゼン市民・農民合同団を成立させ,ほかにフルダ修道院領,ランゲンザルツァ,エルフルトなどに農民団が結成され,多くの修道院,城砦を焼き払った。…

※「ミュンツァー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミュンツァーの関連キーワードグレーベル再洗礼派宗教改革フートメノー派ルター高教会トルバルフープマイヤーミュンスター再洗礼派王国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュンツァーの関連情報