ミューオン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミューオン
みゅーおん
muon

粒子の一つで、μ(ミュー)中間子、μ粒子ともいう。μ中間子の名前は、素粒子に対する知識が不十分で、質量の大小で素粒子を分類していた時代の遺物である。スピンは1/2で、フェルミ‐ディラック統計に従う。質量は電子の207.16倍で、電荷は電子のそれに等しい。
 湯川秀樹(ひでき)が核力を分析してπ(パイ)中間子の存在を予言したが(1935)、その直後に宇宙線中によく似た質量の粒子が発見された。これはπ中間子とは違うもので(谷川、坂田‐井上の二中間子論)、今日のμ中間子である。
 素粒子は、強い相互作用をするハドロンとそれをしないレプトン(軽粒子)、そして相互作用を媒介する媒介子に分類される。電子とともにμ粒子はレプトンに分類される。質量の差異を除き、その性質はほぼ電子に等しい。ワインバーグ‐サラムの理論によれば、電荷負で大きさは陽子のそれに等しい荷電レプトンと中性レプトン(ニュートリノ)が二重項をつくっている。この対として、電子(e)と電子ニュートリノ(νe)、μ粒子とμニュートリノ(νμ)、τ(タウ)粒子とτニュートリノ(ντ)の三つが現在知られている。μ粒子はνμeeの反粒子)を放出して寿命約2.1971×10-6秒で電子に変わる。[益川敏英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミューオンの言及

【素粒子】より

…π中間子には電荷が正のπ,負のπおよび中性のπ0がある。なお,μ中間子はその後中間子の仲間ではないことがわかり,現在ではμ粒子またはミューオンと呼ばれる。
[フォトン]
 1905年アインシュタインは,光は粒子からなるとする光量子仮説を提唱した。…

【中間子】より

…π中間子のほかにも,ストレンジネスをもったK中間子,チャームをもったD中間子,ボトムをもったB中間子なども見つかっており,また現在では中間子は単一の粒子ではなく,クォークと反クォークの結合系と考えられている。なお,1936‐38年,C.D.アンダーソンによって,宇宙線中に湯川の予言した中間子と思われる粒子が発見され,当初μ中間子と呼ばれたが,その後この粒子は中間子の仲間でないことが明らかとなり,現在ではμ粒子,あるいはミューオンと呼ばれている。素粒子メソンファクトリー【猪木 慶治】。…

※「ミューオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミューオンの関連情報