コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュール精紡機 ミュールせいぼうき mule (spinning) frame

2件 の用語解説(ミュール精紡機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュール精紡機
ミュールせいぼうき
mule (spinning) frame

主として紡毛紡績に使用される精紡機の一種。リング精紡機のように繊維束の加撚と巻取りを連続的に行うのでなく,加撚と巻取りを間欠的に行う。すなわち,送り出された繊維束を,後退しながら回転するスピンドル先端によって加撚して糸とし,次いで,スピンドルを前進させながら回転させることによって,スピンドル上の管に糸を巻取る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミュールせいぼうき【ミュール精紡機 mule spinning machine】

精紡機の一種。1779年,イギリスの技術者S.クロンプトンが発明。細番手の綿糸を紡ぐのに,当時の紡績機では細い糸が張力に耐えられずに切れてしまうため,長繊維を用いて手作業で作っていた。そこでクロンプトンは,ジェニー機キャリッジの上にスピンドルを置き,ジェニー機でスピンドルの立っている位置にウォーターフレームローラーを取り付けた機械を発明した。こうすると,ウォーターフレームの長所であるローラーによる糸の引伸しと,ジェニー機の手加減によって調節される撚り(より)かけが組み合わされ,細糸が機械で製造されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のミュール精紡機の言及

【精紡機】より

…他にポット精紡機(図d)あるいはコップ精紡機(特殊用)(図e)などがある。間欠式のミュール精紡機は生産能率が低く,日本では高級梳毛糸,紡毛糸以外には使用されていない(図f)。また,スライバーの繊維をいったんばらばらにして細くし,切り離した状態で撚りをかけて糸を作るオープンエンド方式(ブレークスピニング)もあり,ローター式(図g),空気加撚式,吸着加撚式,静電式,空気渦流式などがある。…

【紡績】より

…79年S.クロンプトンはジェニー機を改良し,ローラードラフトも取り入れた機械を発明し,両者の合の子という意味でミュール(ラバ)と名づけた。このミュール精紡機では1台の紡錘の数は飛躍的に増大し,糸の品質も向上した。ミュールは1825年R.ロバーツによって自動化され,また蒸気機関も導入され,都市での機械による工場を出現させた。…

【紡績機械】より

…Pをボビンとは独立に回転するフライヤーにしたものがフライヤー精紡機である。ミュール精紡機では,糸(P)をボビンと同一速度で回転して撚りをかけた後,Pが静止した状態で糸を巻き取る(紡錘車と同じ)。撚りをかけながら糸を伸ばすので,撚りのかかりにくい太い部分が伸長して均一になる。…

※「ミュール精紡機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミュール精紡機の関連キーワード空気精紡機粗紡機ポット精紡機リング精紡機イギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日フライヤー精紡機キャップ精紡機コップ精紡機イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone