コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミロス島 ミロスとうMílos

3件 の用語解説(ミロス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミロス島
ミロスとう
Mílos

ギリシアエーゲ海南部,キクラデス諸島南西部の島。古代ギリシア語読みではメロス Mēlos。おもに火山岩からなり,最高点 751m。北西岸から南東方向に深く湾入する湾は,噴火によって形成された火口が沈降したもので,島を東西にほぼ二分する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミロス‐とう〔‐タウ〕【ミロス島】

MilosΜύλος》ギリシャ南東部、エーゲ海にある島。キクラデス諸島の南西端に位置する。中心地はプラカ黒曜石を豊富に産し、また、ギリシャ本土とクレタ島の間に位置したため、エーゲ文明の中心地として栄えた。1820年にミロのビーナスが発見されたことで有名。メロス島。ミロ島。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミロス島
みろすとう
Mlos

ギリシア南部、キクラデス諸島南西端の島。英語ではMelosと綴(つづ)るので(発音はミーロス)、「メロス」の表記もある。イタリア語名はミロMilo。面積150平方キロメートル、人口約4500。ティラ(サントリン、サントリーニともいう)島と、ドデカネス諸島のニシロス島とを結ぶ火山帯に属する島で、硫黄(いおう)を産し、温泉が散在する。1820年、いわゆる「ミロのビーナス」が出土し、一躍有名になった。[真下とも子]

歴史

古くはキクラデス文明の中心地の一つで、ここに産出する黒曜石はエーゲ海各地に広く輸出された。しかもギリシア本土とクレタ島の中間に位置したために、エーゲ海文明で重要な役割を果たし、とくに中期ミノア文明、後期ミケーネ文明と密接な関係を保っていた。ドーリス人の移動の際、本土のラコニアからのドーリス人により占領されたと伝えられている。ペルシア戦争のとき、サラミスの海戦には船を提供したが、デロス同盟には加入しなかった。ペロポネソス戦争当初は中立を保持していたが、紀元前416年アテネに攻略され、住民が虐殺された経過は、古代ギリシアの歴史家トゥキディデスが「メロス対話」として伝えており、『戦史』のなかでも不朽の1章をなしている。アテネは本島を征服したのち、植民者(クレールーコイ)を入植させたが、前405年にはスパルタの提督リサンドロスがアテネの支配より解放し、ふたたび原住民に戻した。その後、ローマ、ビザンティン帝国の支配を経て、13世紀初めにはナクソス公国の一部となり、カトリック教徒も多く移住してきたので司教補佐官が置かれた。1566年にはオスマン・トルコの支配するところとなり、1829年にギリシア領になることが決定された。[真下英信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone