ミントー

百科事典マイペディアの解説

ミントー

英国の植民地行政官。陸軍に入り,露土戦争,アフガニスタン,エジプト,カナダなどの戦乱に参加。カナダ総督(1898年−1904年)を務めたあとインド総督となる(1905年−1910年)。前任者カーゾンのベンガル州分割政策をついだためにインドで大規模な反英運動を展開させたが,新聞,武器の規制による弾圧を加える一方で,親英的な穏健グループを支持し,ムスリム連盟の結成に力を貸し,インド担当相モーリーと手を組んで,1909年立法参事会の拡大,選挙制の採用などを内容とする〈モーリー=ミントーの改革案〉を実施した。曾祖父の初代ミントー伯もベンガル総督を務めた(1807年−1813年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミントー【4th Earl of Minto,Gilbert John Elliot‐Murray‐Kynynmond】

1845‐1914
イギリスの行政官。カナダ総督をつとめたあとインド総督(在職1905‐10)。曾祖父ミントーもベンガル総督であった(在職1807‐13)。前任者カーゾンが決定したベンガル州分割の政策を推進したために,20世紀初頭インドに一大反英民族運動の高揚を引き起こした。この運動に対して,新聞取締法,武器取締法など弾圧的立法で臨み,急進的インド人指導者を逮捕,追放する一方,親英的穏健派グループを懐柔,またムスリム上層部の政治的動向を支持し,1906年のムスリム連盟結成に手を貸す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ミントー

生年月日:1751年4月23日
イギリスの外交官,政治家
1814年没

ミントー

生年月日:1845年7月9日
イギリスの植民地行政官
1914年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android