コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムクゲ(木槿) ムクゲ

百科事典マイペディアの解説

ムクゲ(木槿)【ムクゲ】

ハチスとも。東アジア原産のアオイ科の落葉低木。庭木や生垣として栽植される。直立してよく分枝し,木はだは灰白色,葉は卵形で多くは3裂し,不整な鈍鋸歯(きょし)がある。
→関連項目ハイビスカスハチス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムクゲ【ムクゲ(木槿) shrubby althaea】

古くより庭園に植えられるアオイ科の耐寒性低木(イラスト)。一名ハチスともいう。原産地は中国と推定され,高さ2~4m,全株平滑で分枝が多く,樹皮は灰色,葉は短柄で互生し,夏から秋に咲く花は葉腋(ようえき)に単生し,花柄は短く,花の直径は7~10cm,通常,桃色からすみれ色までと花色に変化がある。花柱はあまり突出せず,小苞片は6~8枚,果実は楕円形で先端はとがり,種子には毛がある。観賞用として庭に植えるほか,茎の皮から繊維をとり,また製紙原料ともする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone