木蓮(読み)モクレン

  • きはちす
  • 木×蓮
  • 木×蓮/木×蘭
  • 木蓮 (キハチス・キバチス)
  • 木蓮 (モクレン)

デジタル大辞泉の解説

モクレン科の落葉低木または亜高木。よく分枝し、葉は広倒卵形。3、4月ごろ、葉に先だって紫色の6弁花を上向きに開く。実は集合果で、熟すと裂けて赤い種子をつり下げる。中国の原産。古くから庭木とされる。モクレン科の双子葉植物にはコブシオガタマノキユリノキなども含まれる。マグノリア。紫木蓮(しもくれん)。木華(もくれんげ)。もくらん。 春》「大空に―の花のゆらぐかな/虚子
ムクゲ別名
フヨウの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

植物。アオイ科の落葉低木,園芸植物。フヨウの別称
学名:Magnolia liliflora
植物。モクレン科の落葉大低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木蓮の関連情報