コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシガレイ ムシガレイ Eopsetta grigorjewi

3件 の用語解説(ムシガレイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムシガレイ
ムシガレイ
Eopsetta grigorjewi

カレイ目カレイ科の海水魚。体長 40cm内外。体は卵円形で,有眼側 (体の右側) は櫛鱗,無眼側は円鱗でおおわれる。側線は胸鰭の基部の上方でゆるく半円形に曲る。有眼側は淡褐色で,大小さまざまな黒褐色あるいは乳白色の斑紋があり,特に大きい斑紋が側線をはさんで対立するようにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムシガレイ

カレイ科の魚。地方名ミズガレイモンガレイなど。全長60cmに達する。眼は体の右側。日本〜台湾に分布し,水深100〜150mの砂泥にすむ。冬〜春,底引網で大量に漁獲され,おもに関西で賞味される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムシガレイ
むしがれい / 虫鰈
shotted halibut
[学]Eopsetta grigorjewi

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。日本海北海道中部以南の日本各地、台湾、東シナ海、黄海、渤海(ぼっかい)に分布する。暖海性のカレイで、対馬(つしま)周辺海域に多い。体は長楕円(ちょうだえん)形で、口はやや大きい。有眼側の体側は茶褐色で、目より大きい黒褐色の輪状紋と白色の小円斑(はん)が散在する。これらの斑紋は虫食い状にみえるので、ムシガレイ(虫鰈)の名前がある。
 全長18センチメートルぐらいで成熟し始め、対馬周辺海域では1、2月、日本海北部では4、5月に水深100メートル以浅で産卵する。卵は分離浮性卵で、その径は1ミリメートル前後。孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は全長およそ3ミリメートル。未成魚は水深30~80メートルの砂泥底にすむが、成魚になると70~160メートルの深みに移動する。エビ類、イカ類、小魚などを食べる。1年で体長8センチメートル、3年で15~18センチメートル、5年で20~25センチメートル、8年で32センチメートルぐらいに成長する。体長40センチメートル余りになる。高齢群では雄の死亡率は雌より高い。底引網、刺網(さしあみ)などで漁獲される。煮つけ、干物、刺身などにすると美味。肉に水分が多いためにミズガレイともよばれる。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムシガレイの関連キーワードソウハチマガレイヤナギムシガレイカレイアサバガレイ鮫鰈星鰈オオグチガレイコガネカレイ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムシガレイの関連情報