コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシトリナデシコ

百科事典マイペディアの解説

ムシトリナデシコ

南欧原産のナデシコ科の秋まき一年草江戸時代に渡来し,ふつう庭園に栽培されるが,野生化しているところもある。草たけ40〜60cm。全草白粉におおわれ,葉はへら状で対生,全体に細形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムシトリナデシコ【sweet william catchfly】

花壇などで栽培され,日本各地で野生化しているナデシコ科の一年草。の粘液物に小さな虫が粘着すると考えられて,この和名がつけられた。茎は基部から直立して,高さ30~60cm,葉腋(ようえき)からを出す。茎の上部や花序の節の少し下は粘液物を出し,褐色を帯びる。葉は長楕円形から披針形で,長さ5~10cm。6~8月に,茎や枝の先に密な集散花序をつける。萼は筒になって伸び,長さ約1.5cm。花は直径約1cm,濃い桃色,花弁は5枚で先は浅くへこむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムシトリナデシコ
むしとりなでしこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムシトリナデシコの関連キーワード蠅取撫子長日植物小町草花壇

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android