コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキ

2件 の用語解説(ムラサキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ムラサキ

ムラサキ科の多年草北海道〜九州の日当りのよい山地に稀にはえる。東アジアにも分布する。根は太く,茎は直立して高さ60cm内外,多数の披針形の葉をつける。茎,葉に粗毛が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキ
むらさき / 紫
[学]Lithospermum erythrorhizon Sieb. et Zucc.

ムラサキ科の多年草。草丈は30~60センチメートル。葉は互生し披針(ひしん)形で、縁(へり)に鋸歯(きょし)はない。茎や葉には短毛が多く生える。夏に枝先の包葉ごとに、ウメに似た小さい白色花をつける。雄しべは5本。果実は球形で径2~3ミリメートル、白、淡褐色。根は太い直根で長さ約10センチメートル、径約2センチメートルの直根からひげ根が多く生える。日当りのよい山地、原野などに生え、日本、朝鮮半島、中国に野生する。
 根をとって乾かすと紫黒色となり、これを紫根(しこん)と称し、古くから紫色の染料として紫根染めに用いられ、また、薬用にも供された。天平(てんぴょう)時代にはすでに各地で栽培も行われた。江戸時代には奥羽、甲州、総州、播磨(はりま)などが名産地として知られたが、明治以降は東北地方にわずかに残り、現在ではほとんど栽培はなく、野生もほとんどなくなった。[星川清親]

薬用

漢方では根(紫根)を、解熱、解毒、肉芽形成促進剤として、はしか、皮膚病、皮膚潰瘍(かいよう)などの治療に用いる。含有色素はアセチルシコニンなどである。外用軟膏(なんこう)として有名な紫雲膏(しうんこう)(潤肌膏(じゅんきこう))は華岡青洲(はなおかせいしゅう)の創方で、当帰(とうき)(トウキの根)と紫根を主薬とし、火傷、凍傷、ひび、あかぎれ、切り傷などの治療に用いる。中国から輸入している軟紫草(なんしそう)(日本では軟紫根という)は新疆(しんきょう)ウイグル自治区に産するシンキョウムラサキグサArnebia euchroma (Royle) Johnst.の根で品質はよい。[長沢元夫]

文化史

『万葉集』には17首に「紫」がみえるが、花を詠んだものはまったくなく、紫色ないしはその染料として用いられた紫草が詠まれている。紫の染色法は、朝鮮を経て伝えられた。『万葉集』巻4で、百済(くだら)系二世の麻田連陽春(あさだのむらじやす)は「韓人(からひと)の衣染(ころもそ)むといふ紫の情(こころ)に染(し)みて思ほゆるかも」と詠んでいる。その染色は、巻12で「紫は灰さすものそ海石榴市(つばいち)の八十(やそ)の衢(ちまた)に逢(あ)へる児(こ)や誰(たれ)」と詠まれているように灰で媒染したが、その灰にはツバキが用いられ、市で売られていた。色は灰の量により変化した。その用例が『延喜式(えんぎしき)』にみえる。また七色十三階の冠位の制にも紫の服色が定められている。
 薬としての利用も古く、中国の『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』(500ころ)に名があがる。江戸時代の園芸書『広益地錦抄(こうえきちきんしょう)』(1719)には薬草の項に名を連ねる。ムラサキの栽培はむずかしく花は小さい。いけ花の『替花伝秘書(かわりはなでんひしょ)』(1661)には嫌いなものの一つにあげられている。[湯浅浩史]

文学

紫草、紫。野草の名。また、紫草の根から採取した染料の色名。『万葉集』巻4に「託馬(つくま)野に生ふる紫草衣(きぬ)に染(し)めいまだ着ずして色に出(い)でにけり」(笠女郎(かさのいらつめ))などと詠まれ、巻2に「紫草のにほへる妹(いも)を憎くあらば人妻故(ゆゑ)に我恋ひめやも」(大海人皇子(おおあまのみこ))など、「紫草の」の形で枕詞(まくらことば)にも用いられた。『古今集』雑(ぞう)上の「紫草の一本(ひともと)故に武蔵野(むさしの)の草は皆がらあはれとぞ見る」により、武蔵野の景物とされ、また、「紫のゆかり」、親愛する人の縁故の意として、『伊勢(いせ)物語』や『源氏物語』などに語られ、とりわけ藤壺(ふじつぼ)、紫の上とつながる血筋は『源氏物語』の構想にかかわるものとして、作者紫式部の呼称のゆえんにもなった。紫は袍(ほう)の色にも用いられ、『後撰(ごせん)集』雑1に「思ひきや君が衣を脱ぎ換へて濃き紫の色を着むとは」などとある。また、「紫の雲」は、瑞雲(ずいうん)、来迎(らいごう)の雲、のちには皇后の意に用いられ、『拾遺(しゅうい)集』雑春の「紫の雲とぞ見ゆる藤の花いかなる宿のしるしなるらむ」(藤原公任(きんとう))のように、藤の花の比喩(ひゆ)にも詠まれた。『枕草子(まくらのそうし)』「めでたきもの」の段には、「花も糸も紙もすべて何も紫なるものはめでたくこそあれ」とある。『徒然草(つれづれぐさ)』238段には、『論語』の「紫の朱(あけ)を奪ふ」、偽物が本物を乱すというたとえがみえる。季題は「若紫」が春、「紫草」が夏。[小町谷照彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラサキの関連キーワード沢瑠璃草砂引草蔓紫浜弁慶草紫酢漿草日当り蛍葛オニユリツルムラサキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムラサキの関連情報