コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルマンスク Murmansk/Мурманск

デジタル大辞泉の解説

ムルマンスク(Murmansk/Мурманск)

ロシア連邦北西部、ムルマンスク州の港湾都市。同州の州都。1917年までの旧称ロマノフナムールマネバレンツ海に面するコラ半島北岸のフィヨルドの奥に位置する。1915年に建設された不凍港を擁し、第二次大戦中は連合国からの援助物資の陸揚げ港となった。北極海の漁業基地、海軍基地、および北極圏最大の都市として知られる。また、オーロラが見られる場所として、観光客に人気がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ムルマンスクの関連キーワードチェトビョルトゥイクリリスキー海峡ウラジーミル カーメンツェフハイイロアザラシ(灰色海豹)イェフゲーニイ クレプスカレリア(ロシアの地名)ラップランド自然保護区ソビエト連邦史(年表)大韓航空機撃墜事件フィン=ロ友好条約ペトロザボーツクユリー カザコフモンチェゴルスクカンダラクシャルイバチー半島カレリア共和国セベロモルスクアパチートゥイイマンドラ湖キーロフスク対ソ干渉戦争

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムルマンスクの関連情報