メアリー1世(読み)メアリーいっせい(英語表記)Mary I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1516.2.18. グリニッジ宮
[没]1558.11.17. ロンドン
イギリス,チューダー朝のイングランド女王 (在位 1553~58) 。ヘンリー8世とその最初の妃カサリンとの子。異母弟エドワード6世治世のプロテスタント化の促進に際しては,旧教徒として抵抗し,迫害を受けた。 1553年エドワードの死後,J.グレーを擁立したノーサンバーランド (公) の陰謀を砕いて即位。 54年議会と世論の反対を押切ってスペイン皇太子フェリペ (のちのフェリペ2世) と結婚。同時に枢機卿 R.ポールを登用してイギリスをローマ教会に復帰させ,カトリック教徒聖職者の復職修道院の再建をはかるなどカトリックの復活に努めたため,国内に T.ワイアットの率いる反乱が生じた。そこで異端処罰法を復活させ,高名な聖職者を含む 300人あまりを焚刑に処し,「血のメアリー」と呼ばれた。対外的には結婚によるスペインとの同盟によって対フランス戦争に巻込まれ,58年大陸における最後の領土カレーを失い,失意のうちに死亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1516年2月18日
イギリス,チューダー朝の女王(在位1553〜58)
1558年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android