コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイア

百科事典マイペディアの解説

メイア

イスラエルの女性政治家,首相。旧称Goldie Myerson,旧姓Mabovich。ウクライナのキエフ生れ。1906年米国に移住,ウィスコンシン州ミルウォーキーで育った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メイア【Golda Meir】

1898‐1978
イスラエルの女性政治家,首相。ロシアのキエフに生まれ,1906年アメリカに移住し,教員生活を送る。その後シオニズム運動(社会主義シオニスト運動)に身を投じ,21年パレスティナに移住し,キブツに入る。ヒスタドルート(ユダヤ労働総同盟)の要職を歴任し,46年ユダヤ機関政治局長となるなど,パレスティナへのユダヤ人移民を推進した。48年イスラエル国家樹立宣言の署名者の一人となる。初代駐ソ公使をへて,49年マパイ党(後の労働党)から国会議員となり,労働相に就任し,移民の受入れ対策を講ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイア
めいあ
Golda Meir
(1898―1978)

イスラエルの女性政治家。ロシアのキエフに生まれ、1906年アメリカに移住。ミルウォーキー師範学校卒業後、1921年パレスチナに移住し、1924年までキブツで農業労働に従事。ヒスタドルート(労働総同盟)やマパイ党で活躍し、1946年から1948年の独立までユダヤ機関政治部長を務める。独立後1948~1949年初代駐ソ大使。1949年マパイ党から国会議員に当選し、1949~1956年労相、1956~1966年外相。1965年マパイ党書記長。1968年三党統一による労働党の結成にあたっては重要な役割を果たし、新党の書記長に就任。エシュコル首相の死により1969年3月首相となり挙国一致内閣を形成するが、第四次中東戦争の責任をとって1974年4月辞任した。自伝『私の生涯』My Life : The Autobiography of Golda Meirがある。[伊能武次]
『林弘子訳『ゴルダ・メイア回想録』(1980・評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メイアの関連キーワードフィロン(古代ギリシアの哲学者)アロン(Yigal Allon)アンチオコス[アスカロン]フィロン[ラリッサの]クラテス[タルソス]ゼノン(キプロスの)クラテス[アテネ]ジェーン フォンダイスラエル労働党クセノクラテスプロテシラオスネオプトレモス新アカデメイアアルケシラオスアリストテレスクレイトマコス古アカデメイアゴルダ メイアスペウシッポスアンティオコス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android