コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイタガレイ メイタガレイ Pleuronichthys cornutus

4件 の用語解説(メイタガレイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイタガレイ
メイタガレイ
Pleuronichthys cornutus

カレイ目カレイ科の海水魚。全長 30cm内外。体は楕円形で,体高はきわめて高い。眼は小さいが著しく突き出し,上眼の前方に2本の骨性の突起をもつ。側線はほとんど直走する。鱗はきわめて小さな円鱗。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メイタガレイ

カレイ科の魚。地方名メダカガレイ,カワハギイオなど。全長20cm程度。眼は体の右側。体高が高く,肉に厚みがある。北海道南部〜台湾に分布。底引網で多量に漁獲される。
→関連項目カレイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

メイタガレイ

 [Pleuronichthys cornutus].カレイ目カレイ科の海産魚.27〜29cmになる.食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイタガレイ
めいたがれい / 目板鰈・目痛鰈
frog flounderfinespotted flounder
[学]Pleuronichthys cornutus

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地と、東シナ海北部に分布する。暖海性のカレイで南日本に多い。体は高い菱(ひし)形で、頭は小さく、目も口も著しく小さい。両眼は頭の前端に位置し、よく外方に突出することから、メダカガレイ(目高鰈)ともよぶ。また、両眼は高い板状の隆起で分離することからメイタガレイ(目板鰈)、この隆起の前後が棘(きょく)状になっていて、触れると痛いことからメイタガレイ(目痛鰈)の名前がある。有眼側の体色は赤褐色や灰褐色で、多数の暗褐色斑(はん)が散在する。
 水深100メートル以浅の砂泥底にすみ、多毛類、小エビ類、貝類などを食べる。体長10センチメートルぐらいから成熟し、晩秋から初春に産卵する。卵は分離浮性卵で、その径はおよそ1ミリメートル、卵膜に亀甲(きっこう)状の模様があるのが特徴。1年で全長10センチメートル、3年で20センチメートルぐらいになる。最大全長はおよそ30センチメートル。おもに小型底引網で漁獲される。煮つけにすると、きわめて美味である。
 ナガレメイタガレイP. japonicusにきわめてよく似るが、背びれ前方の下にある側線が分枝しないこと、有眼体側の小黒斑が不定形であることなどで区別できる。ナガレメイタガレイの肉は柔らかく、味はメイタガレイより劣ることからバケメイタともいい、メイタガレイのホンメイタと区別する。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メイタガレイの関連キーワードソウハチマガレイヤナギムシガレイカレイアサバガレイ鮫鰈星鰈オオグチガレイコガネカレイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メイタガレイの関連情報