コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソサウルス メソサウルスMesosaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソサウルス
Mesosaurus

爬虫類中竜目の代表属。この目は魚竜群 Ichthyopterygia(→魚竜類)の祖とみなされるが,分類上の位置については定まっていない。ゴンドワナ大陸ペルム紀前期の淡水にすみ,全長約 1m。魚を食べていたと考えられる鋭い多くの歯をもつもので,鼻孔は後位にあり,眼窩は大きく,首も尾も長い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メソサウルス

ペルム紀初期の水生爬虫(はちゅう)類。体長は約1m。顎が細長く,鋭い歯をもつ。長い尾は屈曲しやすい。後肢前肢より大きく,おそらくみずかきのついた5本の指を備える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メソサウルス【Mesosaurus brasiliensis】

ブラジルのミナス・ジェライス州の古生代二畳紀前期の地層から産出した絶滅爬虫類(イラスト)。全長80cmに達する。頭は細長く,吻部(ふんぶ)はとがる。細く鋭い歯が多数並び,首は短い。尾は長く,全体の半分ほどに達する。淡水性で,小魚などを食べていたらしい。南アフリカからも類似のものが知られ,ゴンドワナ大陸特有種の一つとされている。最古の水生爬虫類の一つである。ブラジロサウルスBrasilosaurusという歯の短い,首の長い種類もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メソサウルス
めそさうるす
mesosaur
[学]Mesosaurus brasiliensis

古生代ペルム紀(二畳紀)前期の、約2億9900万年~2億7060万年前に南アフリカと南アメリカにいた化石爬虫(はちゅう)類。全長約60センチメートル。肉食で、前・後肢にそれぞれ5本の指をもち、それらは水かきでつながっていた。長いあごには鋭い歯列を備え、小魚や小さなエビなどをとらえるのに便利であった。比較的長い頸(くび)の後ろに長い胴をもち、尾も長く平たく、上下に高くなっていた。また尾は屈曲しやすく、全長にわたり上下にひれがついていたらしく、泳ぐ動物の尾に似る。淡水の川や沼の生活に適応した形を示しており、その形態や習性および化石の産状分布から、当時両大陸がつながっていた証拠の一つに数えられている。[小畠郁生]
『小畠郁生・加藤秀著『ひきさかれた大陸』(偕成社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメソサウルスの言及

【大陸移動説】より

…(1)石炭紀(約3億年前)の植物分布 たとえば,グロッソプテリス,ガンガモプテリスなどのシダ種子類の1属の化石は南アメリカとアフリカの南部,マダガスカル,インド,オーストラリア,南極大陸にわたって見いだされる。(2)二畳紀初期(2億8000万年前ころ)の淡水生爬虫類の一種メソサウルスの化石分布 南アフリカと南アメリカ南東部だけに産する。(3)現生動植物の分布 キツネザルやツパイなどの原猿類はマダガスカル島と対岸の東アフリカおよびスリランカ,インド,東南アジアに産する。…

※「メソサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android