コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メダイ(眼鯛) メダイHyperoglyphe japonica

世界大百科事典 第2版の解説

メダイ【メダイ(眼鯛) Hyperoglyphe japonica】

スズキ目イボダイ科の海産魚。吻端(ふんたん)が丸みを帯びるのはイボダイと似ているが,イボダイより体はやや細長く眼が大きい。また背びれの棘(きよく)が非常に短い。メダイというのは東京,江の島での呼び名だが,同じ意味でメナ(室戸),また,眼が大きく頭の感じからダルマ(高知,紀南)などとも呼ばれる。成魚はうすい茶褐色で赤っぽいものも見られるが,幼魚は黒っぽく,体側に黄色みのある波状の縞があり,クロマツ(奄美)と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android