コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボダイ Psenopsis anomala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イボダイ
Psenopsis anomala

スズキ目イボダイ科。全長 30cmになる。体は卵形で側扁する。幼魚は表層性のクラゲの下に集る。成魚は底層性。体色は淡灰青色で,鰓孔の上方に黒褐色斑紋が1個ある。松島湾・男鹿半島以南,中国に分布する。食用に供され,美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イボダイ

イボダイ科の魚。地方名エボダイシズウボゼなど。銀白色,鱗は円鱗ではがれやすい。体表から多量の粘液を出す。全長20cm余。松島湾,男鹿半島〜中国南部に分布し,昼間は底層にすむが夜間は浮上する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

イボダイ

 [Psenopsis anomala].スズキ目イボダイ科の海産魚.体長30cmほどになる食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イボダイ【Psenopsis anomala】

スズキ目イボダイ科の海産魚(イラスト)。タカベエボシダイマナガツオなどと同じイボダイ亜目に属し,咽頭(いんとう)のすぐ後ろに食道囊をもつのが特徴。卵円形の体とまるまった吻(ふん)部も共通。市場ではエボダイ,シズなどと呼ばれる。皮が薄くてうろこが落ちやすく,ふつう魚屋で目にするものにはうろこがほとんどない。体表に大量の粘液を分泌する。全長30cmくらいになるが,ふつうに見られるものは15~20cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボダイ
いぼだい / 疣鯛
[学]Psenopsis anomala

硬骨魚綱スズキ目イボダイ科に属する海水魚。東京付近と静岡県静浦ではなまってエボダイとよぶ。北海道以南の日本各地、朝鮮半島南部および東シナ海に分布する底層性の魚。全長は30センチメートルに達し、体は卵円形で著しく側扁(そくへん)し、吻(ふん)の先端は丸い。体側の中央部から上下に浅い溝が十数条走る。鱗(うろこ)は円鱗(えんりん)できわめてはがれやすい。体表から多量の粘液を出すのでぬらぬらする。体色は淡灰青色で銀白色の光沢を帯び、鰓孔(さいこう)の上方に不明瞭(ふめいりょう)な黒褐色の斑紋(はんもん)が1個ある。本種は夜間に浮上し、昼間は底層に定着する。また、季節的な移動も認められ、太平洋側南部海域では、夏季は比較的浅海域に来遊するが、秋から冬季は外海の沖合いへ移動する。産卵期は、西日本では6~8月、東シナ海では4~6月。肉は白色で柔らかく、脂肪が多く、夏はとくに美味で、塩焼き、煮つけ、みそ漬けなどにする。日本近海には近縁種のニセイボダイP. shojimaiが知られている。[鈴木 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イボダイの関連キーワードイレズミコンニャクアジドクウロコイボダイ科メダイ(眼鯛)ぼうせの姿寿司真魚鰹・鯧クロメダイシルバー毒鱗疣鯛メダイ黒目鯛えぼ鯛鈴木眼鯛疣鯛目鯛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android