コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロマツ くろまつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロマツ
くろまつ / 黒松
[学]Pinus thunbergii Parl.

別名オマツ。マツ科の常緑高木。大きいものは高さ50メートル、直径3.8メートルに達する。樹皮は黒灰色で亀甲(きっこう)状の割れ目ができ、やや厚い鱗片(りんぺん)となってはげ落ちる。葉は2個束生し、針状で長さ8~15センチメートル、幅1.4~2.0ミリメートルあり、質が堅い。雌雄同株。4、5月に開花する。直立した新しい枝の上端に球形で紫紅色の雌花を数個つけ、下部に雄花を群生してつける。雄花は包鱗(ほうりん)に二つの葯室(やくしつ)があり、黄色の花粉をたくさん出す。球果は卵状円錐(えんすい)形で長さ4~8センチメートル、径2.5~3.0センチメートル、種鱗(しゅりん)には各2個の種子がある。種子は2年で成熟し、菱(ひし)形で長さ約5ミリメートル、種子より3倍長い翼がある。本州、四国、九州(吐(とから)列島の宝島まで)、および朝鮮半島南部に広く自生し、また各地で植林される。木は庭園、公園、並木、盆栽、いけ花などに賞用され、材は建築、器具、土木、船舶、パルプなどに使われる。また幹から松脂(まつやに)をとる。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロマツの関連キーワード島根県隠岐郡隠岐の島町布施鹿児島県鹿児島市桜島藤野町南三陸金華山国定公園庄内海岸松原再生計画アカマツ(赤松)ピレネーマツパイン(材)奇跡の一本松ウメノキゴケ海岸保安林葉ふるい病気比の松原酒田光丘彫マツ(松)高田松原入野松原虹ノ松原秋田平野桜井海岸マツタケ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロマツの関連情報