コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルシエ メルシエ Mercier, Désiré Joseph

4件 の用語解説(メルシエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルシエ
メルシエ
Mercier, Désiré Joseph

[生]1851.11.21. ブレンラル
[没]1926.1.23. ブリュッセル
ベルギーローマカトリック哲学者,枢機卿マリーヌ神学校とルーバン大学で学び,1874年司祭。 77~82年マリーヌ神学校哲学教授。回勅「エテルニ・パトリス」に従って,82年ルーバン大学に設置されたトマス哲学の講座の初代教授となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メルシエ
メルシエ
Mercier, Honoré

[生]1840.10.15. ローワーカナダサンタナス
[没]1894.10.30. モントリオール
カナダの政治家。ケベック州首相 (在任 1887~91) 。フランス系カナダ人の権利を強力に擁護したことで知られる。ジャーナリスト弁護士を経て,1872年国民党からカナダ下院に選出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メルシエ
メルシエ
Mercier, Louis Sébastien

[生]1740.6. パリ
[没]1814.4.25. パリ
フランスの劇作家,ジャーナリスト,小説家。ディドロの「市民劇」にならって『ジェヌバル』 Jeanneval (1769) ,『脱走兵』 Le Déserteur (70刊,82上演) ほか多くの戯曲を書き,『演劇論』 Essai sur l'art dramatique (73) でディドロの理論を発展させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メルシエ【Louis‐Sébastien Mercier】

1740‐1814
フランスの劇作家,小説家,年代記作者。パリに生まれ,パリで死去した。多作で,演劇の分野ではディドロの〈ブルジョア劇〉理論の影響のもとに《演劇論》(1773)ほか50編近い戯曲を書いた。生涯ルソーを心の師と仰ぎ,パリの都市文明を批判する一方で,民衆の生活に深い共感を寄せる。長編小説《2440年》(1770)は現実のパリのかなたに想定された未来都市を描くユートピア文学で,SF小説の先駆と評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のメルシエの言及

【ユートピア】より

…モレリー《自然の法典》(1755),コンドルセ《人間精神進歩の歴史的素描》(1795)などは,厳密にはユートピア論とはいいがたいものの,理想社会の接近を読者に印象づけた。L.S.メルシエ《2440年,別名こよなき夢》(1770)はこの世紀の代表例である。同時代の啓蒙専制国家を母体とした,多数の上からの国家改造計画にもその傾向があらわれている。…

※「メルシエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メルシエの関連キーワードシャトランダンセイニリラダンアダンドラアルゴンクールパニョルコペードニゴールフーイエ《フランス大年代記》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メルシエの関連情報