コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルブ Merv

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルブ
Merv

中央アジアの古都。トルクメニスタン,ムルガーブ川支流のオアシス,マルイの東約 27kmにある。この付近はすでにアケメネス朝時代に発達した灌漑農業が行なわれ,ぶどう酒の生産で知られた。マルギアナ地方のサトラップ (州総督) 所在地で,パルティア帝国ササン朝時代にも州都として栄えた。 651年にアッバース朝の支配下に入り,ホラーサーン地方の中心都市となって8~13世紀には東西交通路の要衝,イスラム諸学の中心として最盛期を迎えた。 1221年モンゴル軍にダムを破壊され,1409年チムール朝のもとで再建されたが,往時の繁栄は取り戻せなかった。国立歴史文化公園として整備されており,1999年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メルブ(Merv)

中央アジア南西部、カラクム砂漠にある都市遺跡。現在のトルクメニスタン南東部の都市マリーの郊外に位置する。アケメネス朝ペルシア支配下の紀元前6世紀からモンゴル帝国に侵略される13世紀初めまでオアシス都市として栄え、中央アジア最大の規模を誇る。11世紀から12世紀にかけてのセルジュークトルコ時代に最盛期を迎えた。支配者が変わる度に古い町が捨てられ、新たに町が造られるため、各時代の遺跡が見られる。1999年、「古代メルブ国立歴史文化公園」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

メルブ【Merv】

中央アジア,トルクメニスタンのマリMary東方30km,ムルガーブ川右岸にある都城址群を指して考古学ではメルブとよぶ。19世紀末に調査が一部おこなわれたのち,1950‐60年代に部分発掘があった。いまエレク・カレとよぶ遺跡を中心に,前1千年紀中ごろから居住がはじまり,以後これを中心に都市は広大化し,パルティア時代にはニサの12倍という面積に達し,もっとも繁栄した。その遺跡はギャウル・カレであり,ササン朝を通じて居住が続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルブ
めるぶ
Мерв Merv 

トルクメニスタン、マリー州の州都マリーの旧称。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメルブの言及

【ホラーサーン】より

…ホラーサーンは〈太陽khorの上る所〉を意味する。 かつてはマー・ワラー・アンナフル以南,アフガニスタンも含んでおり,メルブヘラート,バルフもホラーサーンの主要都市であった。遊牧民の南下の通路にあたり古来しばしばその侵入を被った。…

※「メルブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メルブの関連キーワードアブー・サイード・イブン・アビール・ハイルアブー・サイード・ビン・アビル・ハイルマリー(トルクメニスタン)シンメルブッシュ煮沸消毒器キャメルホワイト・ボックスクタイバ・ブン・ムスリムアレクサンドリア[古代]シャイバーニー・ハーンナースィレ・ホスローダンダンカーンの戦いミトリダテス(1世)イスマーイール1世ナーシル・ホスローアブー・ムスリムマーキュロクロムアルダシール1世ニザーミーヤ学院ササン朝ペルシアアブー・ムスリムイマーム・レザー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android