コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルロー=ポンティ Merleau-Ponty, Maurice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルロー=ポンティ
Merleau-Ponty, Maurice

[生]1908.3.14. ロシュフォール
[没]1961.5.4. パリ
フランスの哲学者。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) に学び,第2次世界大戦に従軍した。 1945年リヨン,49年ソルボンヌ,52年コレージュ・ド・フランスの哲学教授。 45~52年『現代』誌の編集をサルトルとともに担当した。ブランシュビック流の観念論の批判から出発,ゲシュタルト心理学行動主義の科学的心理学の成果を批判的に摂取し,特に後期のフッサール現象学を発展させて,主観と世界や他人との関係についての考察を展開した。またマルクス主義の論客として,ソ連共産主義を擁護したが,朝鮮戦争をめぐって対立し,独自の左翼的立場を取り,サルトルとも袂を分った。主著『行動の構造』 La Structure du comportement (1942) ,『知覚の現象学』 Phénoménologie de la perception (45) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メルロー=ポンティの関連キーワードタン・モデルヌ実存主義間主観性間身体性身体

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メルロー=ポンティの関連情報