コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンツェル Menzel, Adolf (Friedrich Erdmann) von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンツェル
Menzel, Adolf (Friedrich Erdmann) von

[生]1815.12.8. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1905.2.9. ベルリン
ドイツの画家,版画家。 1830年に家族とともにベルリンに移住。 32年に家業を継いで石版工となった。 39~42年に K.クーグラーの著書『フリードリヒ大王伝』の挿絵のために 400図の版画を制作。その後も大王の業績を版画や油絵で描き,40年以降は油絵で市民生活や街頭風景を扱った写実画も描いた。また線描画,水彩画にもすぐれた。主要作品は『フリードリヒ大王の軍隊』 (1842~57,ペン素描石版画) ,『サンスーシ宮の円卓会議』 (50) ,『鉄工場』 (75,ベルリン国立美術館) 。

メンツェル
Menzel, Wolfgang

[生]1798.6.21. ワルデンブルク
[没]1873.4.23. シュツットガルト
ドイツの評論家,文学史家。シュツットガルトの『文学新聞』の編集者。国家主義的立場からゲーテを批判し,「若きドイツ」派から攻撃された。ドイツ文学史に関する著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メンツェル(Adolph von Menzel)

[1815~1905]ドイツの画家。初め主に版画・挿絵を、のちに印象派先駆と評される油絵を描いた。フリードリヒ大王時代の歴史や風俗を描いた作品が多いが、工場労働者を描いた「鉄工場」などでも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

メンツェル

ドイツ写実主義を代表する画家,版画家。ブレスラウ(現ポーランド領ブロツワフ)の石版工の家に生まれ,ベルリンで活躍。木版画ではクーグラーの著書《フリードリヒ大王伝》の挿絵400点(1840年―1842年),油絵では《フルート・コンサート》(1852年,ベルリン,国立絵画館蔵)などフリードリヒ大王を主題にした一連の作品群の他に,労働者の姿をとらえた《鉄圧廷工場》(1875年,同館蔵)などを残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メンツェル【Adolph Friedrich Erdmann von Menzel】

1815‐1905
ドイツの画家。ブレスラウに生まれ,主としてベルリンで活躍。父親の石版画工房を引き継いで,版画家,挿絵画家として出発。1842年,《フリードリヒ大王伝》挿絵によって名を高めた。以後,多くの版画,挿絵を手がけるとともに油彩画の分野にも進出し,《サンスーシ宮殿でのフルート演奏会》(1852)等,プロイセン王家関係の歴史画によって知られた。他面,《バルコニーのある部屋》(1845)など,初期には,自由な感覚を見せる自然主義的作品も多く描いており,今日では,主題的にも技法的にも印象主義を予告するようなそれらの作品の方が高い評価を受けている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メンツェル【Menzel】

〔Adolph von M.〕 (1815~1905) ドイツの画家・版画家。フリードリヒ大王の時代をテーマとする多数の油絵・版画のほか、工場労働者を描いた「鉄工場」などで知られる。
〔Jiří M.〕 (1938~ ) チェコの映画監督。社会主義体制に対する風刺的な姿勢のため、一時迫害を受ける。監督作品「監視された列車」「つながれたヒバリ」「スイート-スイート-ビレッジ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メンツェル
めんつぇる
Wolfgang Menzel
(1798―1873)

ドイツの著述家、州議会議員。シュレージエン出身。学生組合の創立者の1人。彼の当初の自由主義精神は七月革命ののち保守色を強め、「青年ドイツ派」を追放。晩年ふたたび自由主義的となり、自由主義者と保守派の仲介的立場をとったといわれる。2種の『ドイツ文学』(1828、1858~59)は一面的で学問的価値は乏しいといわれるが、豊富な資料の利用価値は認められてきている。[佐々木直之輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メンツェルの関連キーワードズデニェック スヴィエラーク厳重に監視された列車フリードリヒ[2世]ハンブルク美術館シュツットガルトつながれたヒバリ東欧の映画製作脊髄小脳変性症ドイツ美術リトグラフ12月8日6月21日クライアーメンゼルライブルベルネ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メンツェルの関連情報