モクセイ(木犀)(読み)モクセイ(英語表記)Osmanthus fragrans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクセイ(木犀)
モクセイ
Osmanthus fragrans

モクセイ科の常緑小高木で,ギンモクセイともいう。中国の原産で古くから観賞用に植えられた。幹は3~4mでよく分枝する。葉は有柄で対生し,楕円形で先はとがり,細かい鋸歯がある。 10月頃に,白色の小さい花を集散状に腋生し,芳香がある。萼は緑色で小さく,4裂する。花弁は径 5mmほどの筒形で深く4裂しやや厚みがある。雌雄異株で,日本にあるものはほとんどが雄株で結実しない。花が橙黄色で葉はやや細く鋸歯の少い変種のキンモクセイ O. fragrans var. aurantiacusは,やはり中国の原産で日本で庭木としてよく植えられ,関東地方などではむしろこのほうが普通である。これらを含めた総称としてモクセイの名が使われることも多い。花から香料をとり,干した花はマツリカ (茉莉花) などと同様にウーロン茶の香りづけ用に,材は堅いので細工物に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モクセイ(木犀)【モクセイ】

モクセイ科の常緑小高木。中国原産で,日本各地の庭などに植えられる。葉は対生し,楕円形〜広披針形で硬く革質,先はとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。10月ごろ,葉腋に芳香のある花を密に開く。花冠は径約5mmで4裂し,おしべ2本。日本にあるものは雄株でふつう結実しない。だいだい黄色の花を開くキンモクセイと,白色の花の開くギンモクセイがある。後者の方が葉の幅が広い。ギンモクセイとヒイラギとの雑種といわれるものにヒイラギモクセイヒイラギ)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モクセイ【モクセイ(木犀) Osmanthus fragrans Lour.】

中国原産のモクセイ科の常緑小高木。庭園木として秋に開花し芳香を放つ。花色に変異がある。中国名は木犀桂花。高さ3~6mとなり,幹が何本にも分かれて楕円状の樹形をなす。樹皮は灰褐色。葉は対生し,葉身は革質で深緑色,長楕円形で長さ8~15cm,先は急にとがり,縁に粗い細鋸歯がある。雌雄異株で,9~10月,葉腋(ようえき)に短い柄で散形状に花を束生する。花は径約5mm,萼は4浅裂,花冠は4深裂し,短い花筒の口に雄花では2本のおしべ,雌花では1本のめしべと2本のおしべがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモクセイ(木犀)の言及

【桂】より

…中国では,ニッケイ(肉桂)あるいはモクセイ(木犀),また月にあると考えられた木。日本のカツラやゲッケイジュとは別物。…

※「モクセイ(木犀)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android