コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクテスマ(1世) もくてすまMoctezuma Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モクテスマ(1世)
もくてすま
Moctezuma
(?―1469)

メキシコの古代に栄えたアステカ王国の基礎を築いた第5代の王(在位1440~69)。モテクソマMotecuzomaまたはモンテスマMontezumaともいわれる(いずれもナワトル語のスペイン語表記)。「天の射手」とよばれる軍人王で、東は現在のベラクルス、南はテワンテペック地峡まで領土を拡張し、また首都テノチティトラン(現メキシコ市)の街路、運河、神殿などの大改造を行い、王国を確固たるものとした。[野田 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モクテスマ(1世)の関連キーワードモンテスマ(1世)野田