モクテスマ(1世)(読み)もくてすま(英語表記)Moctezuma Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モクテスマ(1世)
もくてすま
Moctezuma
(?―1469)

メキシコの古代に栄えたアステカ王国の基礎を築いた第5代の王(在位1440~69)。モテクソマMotecuzomaまたはモンテスマMontezumaともいわれる(いずれもナワトル語のスペイン語表記)。「天の射手」とよばれる軍人王で、東は現在のベラクルス、南はテワンテペック地峡まで領土を拡張し、また首都テノチティトラン(現メキシコ市)の街路、運河、神殿などの大改造を行い、王国を確固たるものとした。[野田 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android