コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザン美術 モザンびじゅつMosan Art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モザン美術
モザンびじゅつ
Mosan Art

ベルギーを横断するムーズ川の中流域地方において中世に発展した美術。12世紀初頭から 13世紀にかけて,特に七宝(エマイユ)と金彫,象牙浮彫,写本彩飾などが盛んに行なわれた。金彫ではリエージュのサン・バルテルミ聖堂の洗礼盤(1107~18,レニエ・ド・ユイ作),五旬節の祭壇(12世紀中頃,パリ,クリュニー中世美術館)のほか,ニコラ・ド・ベルダンのクロスターノイブルク修道院聖堂の祭壇画(1181),トゥルネー大聖堂の聖ピアトゥスと聖ニカシウスの聖遺物箱(1205)などの優れた作品がある。またドイツのケルンで活躍したゴドフロア・ド・ユイモザンの金属工芸を国際的水準に高めた。これらの作品は,カロリング朝美術ビザンチン美術を土台とし,ロマネスク美術のなかでも,最も古代的躍動感と現実感にあふれる。次代,13世紀のゴシック古典主義様式の重要な源と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モザンびじゅつ【モザン美術】

〈モザンmosan〉とはムーズMeuse川(古称モサMosa川)の形容詞形で,モザン美術とはムーズ川流域からライン川流域に至る旧リエージュ司教区にあたる地方で栄えた中世美術をいう。 この地方は,すでにカロリング朝末期より芸術の中心地の一つとして栄え,象牙彫,写本画(《フロレッフの聖書》大英博物館)の領域に,優れた作品を生んだ。11~12世紀のロマネスク時代には金工やエマイユ(七宝)が繁栄し,多くの工芸家が輩出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモザン美術の言及

【七宝】より

…2.1m×3.5m)である。西欧においては,11~12世紀にエマイユ・シャンルベが栄え,フランスのリモージュと,ライン・マース(ムーズ)川流域のモザン地方(モザン美術)とが,二大中心地をなした。リモージュでは静かな濃紺が支配的であり,〈ジョフロア・プランタジュネの七宝板〉(12世紀。…

※「モザン美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android