モチノキ科(読み)モチノキか(英語表記)Aquifoliaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モチノキ科
モチノキか
Aquifoliaceae

双子葉植物ニシキギ目の1科。世界の熱帯から暖温帯にかけて3属約 500種があるが,その大半 (約 400種) はモチノキIlexで旧大陸を中心に分布する。高木または低木,多くは常緑で,革質の葉を互生 (まれに対生) する。花は放射相称の4数性で,両性花が多く,しばしば4枚の花弁は基部で癒合する。おしべは4または8本。果実は球形で肉質の核果となる。日本には暖地を中心にモチノキ類やイヌツゲなどがあり,クリスマスの飾りで知られるセイヨウヒイラギ (西洋柊) (ヒイラギモチ) もモチノキ属の1種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モチノキ科
もちのきか
[学]Aquifoliaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木または低木。葉は互生まれに対生し、単葉で小さな托葉(たくよう)がある。花は両性または単性、4、5数性で放射相称。雄しべは4、5本。子房は4室、ときに3または5室に分かれ、各室に胚珠(はいしゅ)が1個ある。果実は核果で内果皮は堅く、3~5個の核に分かれ、おのおの1個の種子がある。熱帯から温帯に広く分布し、3属約450種が知られる。大部分はモチノキ属で、日本にはタラヨウ、モチノキ、ヒメモチ、ウメモドキ、アオハダ、ナナメノキ、イヌツゲなど22種が野生する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android