コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジガサ

百科事典マイペディアの解説

モミジガサ

カニコウモリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モミジガサ【Cacalia delphiniifolia Sieb.et Zucc.】

山地のやや明るい林床や林縁に生えるキク科の多年草(イラスト)。北海道~九州に分布する日本の固有種。茎は直立し,高さ50~130cm。茎葉は多数あって互生し,有柄。葉身はモミジ葉のように中裂する。表面は無毛でやや光沢がある。花期は8~9月。多数の頭花円錐花序につける。頭花は両性筒状花のみからなる。総苞は筒状で淡緑白色。頭花は5枚の総苞片と5個の両性の筒状花からなる。花冠は白色でわずかに紫色を帯びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミジガサ
もみじがさ / 紅葉傘
[学]Cacalia delphiniifolia Sieb. et Zucc.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ1メートルに達する。葉は長柄があって互生し、葉身は掌状に5~7裂する。7~8月、茎頂に大形の円錐(えんすい)花序をつくり、多数の頭花をつける。頭花は5個の白色の管状花からなる。総包は淡緑白色で筒状、総包片は5枚。日本特産で、山地の樹林下に生え、北海道から九州に分布する。東北地方では山菜の一種として、春に若苗をとって食用とし、シドキ、シドケなどとよばれる。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

モミジガサ[葉茎菜類]
もみじがさ

東北地方、宮城県の地域ブランド。
主に加美郡加美町・登米市・亘理郡亘理町などで生産されている。モミジガサは、しどけとも呼ばれる山菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

モミジガサの関連キーワードテバコモミジガサ(手筥紅葉傘)有毒植物による中毒テバコモミジガサオオモミジガサ賀茂十一野菜丹沢山地東北地方シトギ紅葉草シドケ綿菜藤吉総包紅葉木下

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android