コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジハグマ Ainsliaea acerifolia Sch.‐Bip.

世界大百科事典 第2版の解説

モミジハグマ【Ainsliaea acerifolia Sch.‐Bip.】

山地の木陰に生えるキク科の多年草(イラスト)。モミジに似た葉をつけたハグマの意である。ハグマ(白熊)はヤクの尾の毛のことで,旗,槍,冑などの装飾用である。花が咲くようすをその白熊にみたてたものである。地下茎ははい,茎は40~80cm,長い柄のある葉を茎の中ほどに数枚,やや輪生状につける。葉身は円心形で,掌状に浅~中裂している。花期は8~10月。多数の頭花を穂状につける。冠毛は羽毛状。朝鮮半島から九州北部(対馬)にあるが,本州には葉の切れ込みの浅いものがみられ,オクモミジハグマA.acerifolia var.subapoda Nakaiと呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミジハグマ
もみじはぐま
[学]Ainsliaea acerifolia Sch-Bip.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ0.8メートル以上に達する。葉は長柄があり、茎の中部に数枚がやや輪状に集まってつく。葉身は掌状に中裂する。8~10月、茎頂に多数の頭花を穂状につける。頭花は白色の管状花3個からなる。冠毛は羽毛状。山地の木陰に生え、近畿地方以西の本州から九州に分布する。変種オクモミジハグマは葉身が浅く7裂し、本州、九州北部、および朝鮮半島、中国東北部に分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモミジハグマの言及

【クサヤツデ(草八手)】より

…学名のuniflorusは小花が1個であることを表現したものである。近縁のモミジハグマ属Ainsliaeaには多くの種があるが,1頭花の小花数は3~5個である。花冠は暗紫色で,5深裂し,裂片は反曲する。…

※「モミジハグマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android