モルディブ(英語表記)Maldives

翻訳|Maldives

大辞林 第三版の解説

モルディブ【Maldives】

インド洋北部にあるモルディブ諸島を占める共和国。約一二〇〇の珊瑚礁の島々から成る。1965年イギリスから独立。ココヤシを産し、カツオ漁業も盛ん。住民はイスラム教徒。主要言語はディベヒ語。首都マレ。面積300平方キロメートル。人口30万( 2005)。マルジブ。モルジブ。正称、モルディブ共和国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

モルディブ

◎正式名称−モルディブ共和国Divehi Jumhuriyya/Republic of Maldives。◎面積−298km2。◎人口−34万1000人(2014)。◎首都−マレMale(11万人,2014)。◎住民−シンハラ人,ドラビダ人,アラブの混血。◎宗教−イスラム(スンナ派,国教)がほとんど。◎言語−ディベヒ語(公用語)のほか,シンハラ語,タミル語など。◎通貨−ルフィヤRufiyaa。◎元首−大統領,アブドゥル・ガユームAbudulla Yameen Abdul Gayoom(1959年生れ,2013年11月就任,任期5年)。◎憲法−2008年8月新憲法制定。◎国会−一院制(定員77,うち8は大統領が任命,任期5年)。最近の選挙は2014年3月。2005年6月,禁じられていた政党活動が認められた。◎GDP−13億ドル(2008)。◎1人当りGDP−3090ドル(2006)。◎農林・漁業就業者比率−25%(1997)。◎平均寿命−男69.7歳,女72.7歳(2007)。◎乳児死亡率−14‰(2010)。◎識字率−98%(2006)。    *    *スリランカ南西650kmのインド洋上,南北1200kmにわたって連なる諸島よりなる共和国。約2000のサンゴ島からなり,住民は220島にのみ住み,イスラム教徒でディベヒ語を話す。ココナッツ,果実を産し,漁業も盛ん。マグロ,カツオの冷凍品や缶詰が輸出の約半分を占める。観光も重要な産業である。 12世紀以来,スルタンの統治する首長国が形成されていた。1887年正式に英保護領となった。1965年7月独立し,1968年スルタン制を廃止して共和国となった。1985年イギリス連邦に正式に加盟。最高地点が2.4mで,地球温暖化に伴う海面上昇で国土の水没が危惧されている。スマトラ沖地震に伴う2004年12月の津波でも,同国は甚大な被害を受け,主要産業である観光が大きな痛手を被った。
→関連項目南アジアモルディブ諸島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モルディブの関連情報