コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロゾフ モロゾフMorozov, Nikolai Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロゾフ
Morozov, Nikolai Aleksandrovich

[生]1854.7.7. ボロク
[没]1946.7.30. ボロク
ロシアの革命家,科学者。 1874年「人民のなかへ (ブ・ナロード) !」の運動に加わり,78年ナロードニキ秘密結社土地と自由 (党) 」に,分裂後は「人民の意志 (党) 」に加入。逮捕されて 1905年まで投獄された。獄中で物理,化学,天文学を学び著述も行なった。 17年の十月革命後レスガフト科学研究所所長,32年から科学アカデミー名誉会員。

モロゾフ

洋菓子メーカー。 1931年創業。 84年に大証・東証1部に上場。 89年6月に神戸,ポートアイランド研究開発施設P&Pスタジオを設立。幅広い分野の商品をそろえ,百貨店主体に直営店を展開。売上構成比は,洋生菓子 49%,焼菓子 20%,チョコレート 18%,喫茶・レストラン9%,キャンディ4%。年間売上高 260億 8400万円,資本金 37億 3700万円,従業員数 863名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

モロゾフ

正式社名「モロゾフ株式会社」。英文社名「Morozoff Limited」。食料品製造業。昭和6年(1931)「神戸モロゾフ製菓株式会社」設立。同11年(1936)「モロゾフ製菓株式会社」に改称。同47年(1972)現在の社名に変更。本社は神戸市東灘区御影本町。製菓会社。チョコレート・洋菓子製造。百貨店への出店中心に全国展開。喫茶・レストランも運営。東京証券取引所第1部上場。証券コード2217。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モロゾフ【Ivan Aleksandrovich Morozov】

1871‐1921
ロシアの実業家。モスクワの生れ。大繊維工場を経営し,シチューキンとともにフランス近代絵画の収集家として知られる。ボラール,ベルネーム・ジューヌBernheim‐Jeuneらパリの画商からセザンヌ(17点),ゴーギャン(11点),ゴッホ(5点),マティスボナール,ドニ,モネ,ルノアールピカソなどの作品を購入。その膨大な収蔵品は,革命後国家所有となり,1948年以後エルミタージュプーシキン両美術館に分割収蔵されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモロゾフの言及

【シチューキン】より

…とくにマティスとは親交があった。モロゾフのコレクションとともに彼の収蔵品は,マレービチらロシアの若き画家たちに大きな刺激を与えた。革命直後収蔵品は国家の所有となり,1948年以後エルミタージュ,プーシキン両美術館に収蔵されている。…

※「モロゾフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モロゾフの関連キーワード633美の里いの(町)吾北安政安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モロゾフの関連情報