コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロタイ島 モロタイとうPulau Morotai

3件 の用語解説(モロタイ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロタイ島
モロタイとう
Pulau Morotai

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島北部に位置する島。山がちで,熱帯雨林におおわれる。最高点は標高 1250m。主産物は木材と樹脂で,サゴデンプンなどを主食とする。西岸のワヤブラが主要港。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モロタイ‐とう〔‐タウ〕【モロタイ島】

Pulau Morotai》インドネシア北東部、モルッカ諸島北端の島。ハルマヘラ島の北東岸沖に浮かぶ。密林に覆われ、天然樹脂ダマールのほか、サゴヤシコプラを産する。第二次大戦中、日本軍に占領されたが、連合軍が奪取して飛行場を建設し、フィリピン反攻の足掛かりとした。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モロタイ島
もろたいとう
Morotai

インドネシア東部、モルッカ諸島北部の島。ハルマヘラ島の北部半島の北東岸沖に位置する。現地名モロ島。長さ約80キロメートル、幅42キロメートル、面積1800平方キロメートル。山がちで全島密林に覆われている。最高点は南部のサバタイ山(1250メートル)。住民はハルマヘラ系のアルフール人で、ダマル樹脂やサゴヤシの採集、コプラの栽培に従う。集落は沿岸部に立地する。南部のピトゥには第二次世界大戦中、旧日本軍の航空基地があったが、現在は地方空港として利用されている。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モロタイ島の関連情報