コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンキチョウ Colias erate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンキチョウ
Colias erate

鱗翅目シロチョウ科。前翅長 32mm内外。翅の地色は雄では常に黄色であるが,雌では黄色と白色の2型がある。前翅表先端は広く黒色で,その中に黄色部がある。後翅表外縁は黒色を帯び,中央部に橙色小紋がある。成虫は年数回出現し,草原,田畑の付近などを敏速に飛ぶ。幼虫はシロツメクサアカツメクサゲンゲなどマメ科植物を食べる。日本全土,ユーラシア大陸に広く分布し,日本,サハリン,中国などに産するものを亜種 C. e. poliographusという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モンキチョウ

鱗翅(りんし)目シロチョウ科の1種。日本全土,朝鮮,中国〜中央アジアに広く分布。開張50mm内外。雄は黄色,翅の外縁部は黒色でその中に黄斑散在。雌には黄色と白色の2型がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンキチョウ【Colias erate】

鱗翅目シロチョウ科の昆虫。中型のチョウで,翅の開張は4.5~5cm。和名は紋のあるキチョウの意。ユーラシア大陸から日本全国に広く産し,海岸から高山帯までの草原,河原,牧草地,堤防などに見られる。市街地には少ないが,これは幼虫の好む食草がマメ科の雑草や牧草であることによる。寒冷地でも年2回は発生し,暖地では6回前後出現する。非休眠幼虫で越冬し,日だまりのレンゲクローバーなどマメ科の植物の葉を食べて冬も緩慢に成長する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンキチョウ
もんきちょう / 紋黄蝶
eastern pale clouded yellow
[学]Colias erate

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。北海道より南西諸島にわたり広く分布する普通種で、国外では朝鮮半島、中国、台湾(山地)よりインド(山地)、南ロシアにわたる。はねの開張は50ミリ内外。雄のはねの地色はつねに黄色、雌では黄色と白色の二通りがある。和名は「紋のあるキチョウ」の意である。かつて別名をオツネンチョウといったが、これは成虫(チョウ)が春早くから飛ぶために、成虫で越年すると誤認されたための名前。早春モンシロチョウなどとともにもっとも早く出現するチョウで、北海道あたりで年に2、3回、九州あたりの暖地では4、5回発生する。幼虫の食草は各種の野生のマメ科植物で、ときにダイズの害虫として知られる。幼虫の状態で冬を越し、早春に蛹化(ようか)する。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモンキチョウの言及

【シロチョウ(白蝶)】より

…幼虫は緑色の,いわゆる青虫で,食草はアブラナ科植物を主とするが,ミヤマシロチョウとエゾシロチョウは体色,食草,幼虫の群生の3点で例外となっている。モンキチョウ亜科はその名のとおり翅の黄色いものが主であるが,雌の翅が白いものもある。モンキチョウ類,キチョウ類,ヤマキチョウ類,ウスキチョウ類などがあげられる。…

※「モンキチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンキチョウの関連キーワードミヤマモンキチョウオツネンチョウ日本アルプス高山チョウ高山動物アルプス高山蝶越年蝶白蝶BT

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android