コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテリウス モンテリウス Montelius, (Gustav) Oscar (Augustin)

6件 の用語解説(モンテリウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンテリウス
モンテリウス
Montelius, (Gustav) Oscar (Augustin)

[生]1843.9.9. ストックホルム
[没]1921.11.4. ストックホルム
スウェーデン考古学者。考古学の型式学的研究法の確立者。三時期法にのっとりつつその各時代を細分化し,ヨーロッパ先史時代の文化編年を完成。また北部および中央ヨーロッパ文化が南ヨーロッパおよびオリエント文化の伝播,影響を受けていることを指摘した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モンテリウス(Gustav Oscar Montelius)

[1843~1921]スウェーデンの考古学者。近代的考古学の創始者の一人。遺物の型式などから絶対年代を判定する科学的研究法を確立した。著「考古学研究法」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モンテリウス

スウェーデンの考古学者。先史時代,特に青銅器時代を研究し,進化論に基づく型式学的研究によって考古学に科学的基礎を与えた。主著《オリエントおよびギリシアにおける青銅器時代》《イタリア先史時代編年》。
→関連項目考古学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モンテリウス【Gustav Oscar Augustin Montelius】

1843‐1921
スウェーデンの考古学者。ストックホルムに生まれ,ウプサラ大学で歴史学を学ぶ。1871年国立歴史博物館員に,1907年には同館長も兼ねる国家文化財官となり,13年引退。その最大の業績は,遺物の新古の関係を決定する型式学的研究法と,遺跡・遺物の絶対年代を考古学的に決定する方法とを確立した点にある。これらの研究法を駆使して,オリエントから北欧に至る広範な地域の先史時代の編年体系を完成したが,その成果は,北欧にとどまらず,全ヨーロッパの考古学研究の基準となり,それによって,19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパにおける最も著名で傑出した考古学者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モンテリウス【Gustav Oscar Augustin Montelius】

1843~1921) スウェーデンの考古学者。進化論的方法を取り入れ、遺物の型式から絶対年代を判定する研究法を確立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンテリウス
もんてりうす
Gustav Oscar Augustin Montelius
(1843―1921)

スウェーデンの考古学者。ウプサラ大学卒業。1863年、ストックホルムの国立歴史博物館に入り、80年同館教授になる。1907~13年の間、国家古物管理官として同国の古文化財の保存、研究に多くの功績を残した。北欧の青銅器時代を専門とし、進化論に基づくところの遺物の精密な型式学的考察によって、青銅器時代を四期に区分する編年を確立した。また、ギリシア、イタリアの前古典文化の編年的研究を行った。これらの型式学的諸研究方法は、「モンテリウス考古学」として、考古学研究に科学的基礎を与え、世界の考古学界に大きな影響を及ぼした。また、日本においても浜田耕作訳による『考古学研究法』(1932、1984復刻)が発表されるなど日本考古学研究の基礎ともなった。[南 博史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモンテリウスの言及

【考古学】より

…一方,生物学的進化論に啓発された考古学者は,人為物の〈型式〉が生物の〈種〉の進化に似た変遷をたどることに気づき,形の比較によって型式変遷の順序を推定しようとする型式学的方法を案出した。この方法は1870年代から20世紀初頭までの間にモンテリウスらによって精緻な域にまで高められる(図1)。以上略述した古典考古学,オリエントの研究,先史考古学はそれぞれ別個に始まり,互いに無関係に発展してきたが,1870年から90年代にかけてシュリーマンが行ったトロイアの発掘を契機として,ギリシア・ローマの古典時代もその前段階として先史時代をもつこと,オリエントとヨーロッパの間に物品の交流があったことが明らかになるにつれ,当初分散的に始まった諸研究分野を統合して,地域や時代にかかわらない〈(一般)考古学〉の概念が成立した(図2)。…

【青銅器時代】より

… 一般に青銅に限らず,初期の金属器は鋳つぶされて,もとの姿をとどめないが,たまたま人里離れたところでいく種類もの青銅器が一括して発見されることがある。この事実を検討したスウェーデンのG.O.A.モンテリウスは,一括発見物から遺物を整理する方法を確立し,北ヨーロッパの青銅器を分類していった。彼によって新石器時代に石や木でできた器物が,漸次青銅でつくられるようになった過程が解明された。…

※「モンテリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンテリウスの関連キーワードアスプルンドスウェーデンスウェーデン学派ストックホルム学派カクネス塔ガムラスタンストックホルム室内管弦楽団ストックホルムマラソンストックホルム会議シェーグレン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone