モーズリー(読み)もーずりー(英語表記)Henry Gwyn Jeffrey Mosely

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーズリー(Henry Gwyn Jeffrey Mosely)
もーずりー
Henry Gwyn Jeffrey Mosely
(1887―1915)

イギリスの物理学者。ドーセットシャー生まれ。オックスフォード大学トリニティ・カレッジに学ぶ。1910年マンチェスター大学の物理学実験助手となり、ラザフォードの下で放射性物質の原子から放出されるβ(ベータ)粒子の計測実験を行い、高真空と放射能に関する技術を学んだ。1912年秋から研究に専念し、ラウエのX線回折実験の成功を聞くと、ダーウィンCharles Galton Darwin(1887―1962)とともにX線の回折実験を行い、ブラッグ父子にすこし遅れて彼らと同様の結果を得た。ついで多くの元素の特性X線を系統的に測定し、元素の原子番号と特性X線の振動数の間にある関係を導いた。この関係はモーズリーの法則として知られる。彼は、当時発表されたボーアの原子模型と関連して原子核の電価数、すなわち原子内電子数が原子番号と等しいと主張した。1913年オックスフォード大学に戻り、研究を続けたが、第一次世界大戦が始まると志願兵となり、トルコのガリポリで戦死した。[川合葉子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーズリーの関連情報