コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーニングコート モーニングコート morning coat

翻訳|morning coat

6件 の用語解説(モーニングコートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーニングコート
モーニングコート
morning coat

単にモーニングともいう。男性洋服の昼間の礼装。本来は朝の散歩服で,1830年代に登場するライディングコートを原型として生れ,70年代になって一般化し,それまでの正装であるフロックコートに取って代った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モーニング‐コート(morning coat)

男子の昼間用の正式礼服で、フロックコートに代わるもの。日本では夜間にも用い、黒無地の燕尾服(えんびふく)型の上着とチョッキに縦縞のズボンを組み合わせる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モーニングコート

男性用礼服。以前は昼間の半礼服であったが,フロックコートがすたれてから正式礼服となった。生地は上衣,ベストとも黒のドスキンカシミア,上衣はシングルで一つボタン,衿(えり)は剣衿で,丈はひざ上まで。
→関連項目礼服

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モーニングコート【morning coat】

午前~日没までに着用される男性の正礼装。カッタウェー・コートcutaway coatともいい,19世紀前半,イギリスフロックコートの前裾を裁ち落としたのに由来する。乗馬用として始まり,日常着,礼服と変化し,1920~30年代にフロックコートに代わる昼間の正礼装となった。第2次大戦後欧米では,結婚式以外にはほとんど用いられなくなったが,日本では一般的礼装として定着した。 前裾は大きくカットされ,後腰から裾へベンツを入れ,丈は膝丈が普通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モーニングコート【morning coat】

男性の礼服の一。元来はフロック-コートの代わりに着た昼の略礼服であるが、日本では昼夜いずれにも用いる正式礼服。後部が垂れた黒の上衣と共布のチョッキにたて縞のズボンからなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーニングコート
もーにんぐこーと
morning coat

男子が昼間に用いる礼装用上着。黒無地のドスキンやカシミアなどの素材を使い、襟は剣襟、シングルの一つボタンが多い。ウエストに切り替えの縫い目が入り、前身頃(みごろ)の裾(すそ)は大きく斜めにカットされているが、後ろ丈は膝(ひざ)の裏あたりまで届いているのが普通である。後ろ身頃のウエストラインから裾に向かって長いベンツが入る。これにあわせるズボンは黒とグレーの縞(しま)。チョッキは上着と共布またはグレーの地で、シングルの五つボタンまたは六つボタン、ダブルの三つボタンも用いられる。シャツは白で、襟はウイング・カラーまたはダブル・カラーである。ネクタイは黒・白のストライプなど。[菅生ふさ代]

歴史

19世紀にヨーロッパの男性が礼装用の上着であるアビhabitと区別して、日常着として着用していたカッタウエーコートcutaway coat(前身頃の裾を斜めにそぎとる意)の一種であった。乗馬用のニューマーケットコートnewmarket coatから変化したともいわれるが、時代の流行によって、切り替えの線やポケットの位置などが多少異なる。19世紀後半から昼の略礼服の役目を果たすようになり、現代になって昼の正式礼服となった。[菅生ふさ代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーニングコートの関連キーワードゲストの服装 <男性>午後長日日没ホワイトタイ夜会服略礼装今彼思春期前女性化乳房メタルジャケット

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーニングコートの関連情報