コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブニンジン

百科事典マイペディアの解説

ヤブニンジン

セリ科の多年草。日本全土,東アジアに広く分布し,山野の林にはえる。高さ40〜60cm,葉は2回羽状複葉で柔らかい。初夏,枝先に複散形花序を出し,白色小花を多数開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブニンジン【Osmorhiza aristata (Thunb.) Makino et Yabe】

山野の木陰に生えるセリ科の多年草(イラスト)。ナガジラミともいう。茎は直立して分枝し,高さ40~60cm。葉は互生し,2~3回羽状に分裂し,全体はほぼ三角形で長さ8~16cm,質は軟らかく,毛がある。花は4~5月ころにまばらな複散形花序を作って開き,白色で小さく,雄花雌花(両性花)とに分化が起こっている。小散形花序は数個あって,雄花は柄が短くてほとんど子房が発達せず,花がすむと早く落ちる。雌花は数個あって柄が長く,5枚の花弁と,5本のおしべ,2本の花柱があり,子房は下位で細長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブニンジン
やぶにんじん / 藪人参
[学]Osmorhiza aristata (Thunb.) Makino et Yabe

セリ科の多年草。根は太い。茎は高さ40~60センチメートル。葉は2、3回3出羽状複葉。4~5月、白色花を開く。果実は細長く、長さ2センチメートル。山野の陰湿地に普通に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、インドに分布する。名は、葉がニンジンに似ており、藪(やぶ)に生えることによる。中部地方、北海道、および東シベリアには近縁の別種ミヤマヤブニンジンがある。
 ヤブニンジン属は10種あり、東アジアと北アメリカに隔離分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤブニンジンの関連キーワードヤブジラミカサモチ長蝨

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android