コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブレガサウラボシ Dipteris conjugata (Kaulf.) Reinw.

2件 の用語解説(ヤブレガサウラボシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブレガサウラボシ【Dipteris conjugata (Kaulf.) Reinw.】

日本では西表(いりおもて)島に生ずるが,熱帯で山地の尾根筋などの日向に群生するヤブレガサウラボシ科の常緑性のシダ(イラスト)。近縁のものに数種がある。根茎は親指の太さに達し,長くはい,披針形で暗褐色の硬い鱗片をつける。葉柄は1.5mに達し,硬く,基部に鱗片をつける。葉は単葉であるが,中央で2裂し,それぞれの裂片が,半分さらに半分と分かれるように深く切れ込む。葉面は大きいものでは直径80cmのやや横に広い円形となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブレガサウラボシ
やぶれがさうらぼし / 破傘裏星
[学]Dipteris conjugata Reinw.

ヤブレガサウラボシ科の常緑性シダ。根茎は横にはい、葉をまばらに出す。葉身は掌状に不規則に裂け、傘が破れたようにみえる。堅い草質で表面はつやのある黄緑色、裏面は青白色をし、遊離脈のある網状の葉脈をもつ。葉柄は堅い針金状。胞子嚢(のう)群は裏面全体に散在する。石垣島以南の亜熱帯から熱帯にかけて広く分布する。この属には8種あるが、中生代には現在よりも繁栄していたことが化石から知られる。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤブレガサウラボシの関連キーワード西表石垣国立公園西表島胚珠波照間島竹富島西表西表国立公園西表山猫今泉吉典いりおもて

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone