コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマツツジ(山躑躅) ヤマツツジRhododendron obtusum var. kaempferi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマツツジ(山躑躅)
ヤマツツジ
Rhododendron obtusum var. kaempferi

ツツジ科の半落葉低木。日本各地の山地,丘陵などに普通に生える。幹は高さ1~3mとなり,車輪状によく分枝する。若枝に褐色の剛毛を密生し,古くなると灰黒色で樹皮は細く縦に裂けて落ちる。葉は長さ2~4cmの楕円形で春秋2回出て,秋葉は越年する。春葉は互生し,秋の葉は枝先に輪生状に集る。4~6月に,有柄で赤色の花を少数個ずつ散形状に開く。萼は5裂して小さく,花冠は漏斗状で上裂片に濃色の斑点がある。花の外面には毛がなく,内面の筒状部に短毛があり,また 蒴果にも毛がある。九州の山地には,本種の高山型変種としてミヤマキリシマがあり,またクルメツツジキリシマツツジなどの園芸品種もこのヤマツツジをもとにつくられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマツツジ(山躑躅)の関連キーワードミヤマキリシマ(深山霧島)モチツツジツツジ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android