コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマツツジ

百科事典マイペディアの解説

ヤマツツジ

ツツジ科の半落葉低木。北海道南部〜九州の山地に普通にはえる。高さ1〜3m,葉は卵状楕円形で褐色の毛がある。4〜5月,枝先に2〜3個の花を開く。花冠は漏斗(ろうと)状,径4〜5cm,花色は赤,紫紅,朱紅色など変化が多い。
→関連項目ツツジ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマツツジ
やまつつじ / 山躑躅
[学]Rhododendron obtusum (Lindl.) Planch. var. kaempferi (Planch.) Wilson

ツツジ科の半落葉低木。高さ1~3メートル。葉は枝先に集まってつき、楕円(だえん)形で長さ2~4センチメートル、先はややとがり、両面に伏した褐色の毛がある。夏秋葉は狭倒卵形で小さく、冬を越す。4~5月、枝先に朱赤色または紅紫色の花を開く。花冠は漏斗(ろうと)形で5中裂し、径4~5センチメートル。萼片(がくへん)は5枚、楕円形で小さい。雄しべは5本。(さくか)は円錐(えんすい)形で褐色の剛毛がある。丘陵や山地の日当りのよい、やや乾燥した斜面に普通に生え、北海道から九州に分布する。白色花や八重咲きなど品種が多く、庭木として植え、いけ花にもする。基本変種のキリシマツツジは、この暖地型で、鹿児島県に野生する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤマツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

… ツツジ亜属は大きく3群に大別される。第1群は花芽と葉芽との区別がなく,一つの芽の中から若葉と花が出てくるもので,ヤマツツジ節とミツバツツジ節とがある。前者の葉は半常緑性で,多くは枝にまばらにつき,春に伸びて冬に落ちる春葉と,秋に伸びて冬を越す秋葉とがある。…

※「ヤマツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマツツジの関連キーワードミヤマキリシマ(深山霧島)モチビョウキン(餅病菌)京都府与謝郡与謝野町ヤマツツジ(山躑躅)つつじの里“荒滝”青森県三戸郡階上町とうひょうくんヨドガワツツジ生物季節観測クルメツツジぽんちゃんモチツツジシナサツキ階上(町)植物季節淀川躑躅開花前線牡丹躑躅霧降高原霧島躑躅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマツツジの関連情報