コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブキ(山吹) ヤマブキKerria japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマブキ(山吹)
ヤマブキ
Kerria japonica

バラ科の落葉低木。日本および中国に分布し,谷川沿いの湿地に多いが,観賞用として庭園にも栽培される。幹は叢生し,高さ約 2mになり,樹皮は緑色で,白色の髄が発達している。互生する葉は質が薄く卵形で,先端は尾状にとがり,不規則な重鋸歯縁をもつ。下面の脈上には毛がある。葉柄基部に薄い膜質の托葉があり,早期に脱落する。初夏,新しい枝の先端に1個ずつ径3~4cmの黄色の美花をつける。萼は5深裂し,花弁は5枚,多数のおしべがある。めしべは5本あるが,普通4~1本だけが熟する。八重咲きのヤエヤマブキ K. japonica var. plenaは結実せず,太田道灌の故事に出てくるのはこれである。また,シロヤマブキ Rhodotypos scandensは葉が対生し,萼片や花弁が4枚の別属の植物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマブキ【ヤマブキ(山吹) Japanese rose】

古くからよく知られ,山地にも自生するバラ科の落葉低木。ヤマブキは,ふつう漢字では山吹と書くが,山で風に枝がなびく姿の山振(やまぶき)からきたのだという。高さ1~1.5m,幹ははじめ緑色で,古いものでは灰黒色。葉は互生し,卵形,縁に鋸歯があり,表面は無毛。4~5月ころ,直径4~5cmの花を開く。5枚の花弁は,通常,いわゆるやまぶき色の黄色で,円形または広楕円形,散りやすい。果実は1~4個熟し,小さな楕円形,はじめ緑色,熟して乾くと褐色になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマブキ(山吹)の関連キーワードシロヤマブキ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android