コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブキ(山吹) ヤマブキ Kerria japonica

2件 の用語解説(ヤマブキ(山吹)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマブキ(山吹)
ヤマブキ
Kerria japonica

バラ科の落葉低木。日本および中国に分布し,谷川沿いの湿地に多いが,観賞用として庭園にも栽培される。幹は叢生し,高さ約 2mになり,樹皮は緑色で,白色の髄が発達している。互生する葉は質が薄く卵形で,先端は尾状にとがり,不規則な重鋸歯縁をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマブキ【ヤマブキ(山吹) Japanese rose】

古くからよく知られ,山地にも自生するバラ科の落葉低木。ヤマブキは,ふつう漢字では山吹と書くが,山で風に枝がなびく姿の山振(やまぶき)からきたのだという。高さ1~1.5m,幹ははじめ緑色で,古いものでは灰黒色。葉は互生し,卵形,縁に鋸歯があり,表面は無毛。4~5月ころ,直径4~5cmの花を開く。5枚の花弁は,通常,いわゆるやまぶき色の黄色で,円形または広楕円形,散りやすい。果実は1~4個熟し,小さな楕円形,はじめ緑色,熟して乾くと褐色になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマブキ(山吹)の関連キーワード自生種雲仙躑躅高野槙下野草姥彼岸唐津の自然薯白バラヨーグルトミツバツツジレンゲツツジハナバエ(花蠅)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone