コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花月草紙 かげつそうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花月草紙
かげつそうし

江戸時代後期の随筆松平定信著。6巻。寛政8 (1796) ~享和3 (1803) 年の間に成立。擬古文。定信が老中辞職後,政治,経済,自然現象,日常生活などについて記したもの。幕末の社会,人生の種々相を高い見識でとらえ,近世日本の代表的な随筆の一つとされている。『随筆大成』『百家説林』に収録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

花月草紙【かげつそうし】

松平定信の随筆。成立は1812年以後。6巻6冊156章。雅文。著者が老中辞職後,政治,経済,学問,自然現象,日常生活などについて記したもの。高い見識,深い学殖がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かげつそうし【花月草紙】

松平定信の随筆。6巻。成立は1812年(文化9)の退隠後で,自筆版下による刊行は18年(文政1)以降。格調高い雅文体の随筆で,もってその識見の高さと教養の深さを知るに足りる。全156段からなり,文学,学問,神仏,医学,軍事など,話題は多岐にわたる。また〈忠孝〉ほか道徳を説いた章段も目立ち,そこにかつて老中首座として寛政異学の禁を断行した著者の面目をうかがうことができる。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花月草紙
かげつそうし

松平定信(さだのぶ)の随筆。徳川11代将軍家斉(いえなり)を補佐して寛政(かんせい)の改革政治を断行した松平定信が、老中を致仕したのち、1796年(寛政8)から1803年(享和3)の間に執筆した。書名は、巻1の巻頭に「花のこと」「月のこと」の章があるのに基づく。社会の諸事相、人生の明暗、自然の風物など、あらゆる事象に対する感想を流麗な雅文でつづったもので、全156編よりなる。自然界の現象や景物を観察して感想を述べた章には、風雅を愛した著者の人柄がよく表れているとともに、世俗のさまざまな事象を描いた章には、あらわではないが、為政者の立場にある著者の心情がうかがわれ、文人宰相の随筆として興味深い。刊本は著者の自筆板下によるが、刊年は未詳である。[神保五彌]
『『花月草紙』(有朋堂文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

花月草紙の関連キーワード伊藤 松宇マツムシヤマブキ修すフジ