コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤルタ Yalta

翻訳|Yalta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤルタ
Yalta

ウクライナ南部,クルイム自治共和国の都市。クリミア半島 (クルイム半島) 南岸,黒海にのぞむ港湾都市クリミア山脈南麓にあり,山脈により冷たい北風,北東風がさえぎられ,温暖な気候に恵まれるので,19世紀後半以降,保養地として発展した。6~10月に海水浴が可能で,多くのホテル,サナトリウム,保養施設が海岸,山麓に林立し,市域が拡大している。近郊でブドウそのほかの果樹,タバコの栽培が盛んで,市内にその加工工場や水産加工工場があり,なかでもワイン醸造コンビナート「マサンドラ」は著名である。またブドウ栽培・ワイン醸造研究所,気候療法研究所,チェーホフ博物館,郷土博物館などの施設がある。首都シンフェローポリの南約 50kmにあり,トロリーバス,ハイウェーで結ばれ,海港には多くの客船が出入りしている。 1945年2月4~11日,市のリバジヤ宮殿 (現在博物館) で開かれたアメリカ,イギリス,ソ連3国の首脳による会談は,ヤルタ会談として知られる。人口8万 9000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤルタ

ウクライナ南部の都市。クリミア半島南岸の黒海岸にある避暑・避寒地。地中海式気候で,背後のクリミア山地が北風をさえぎる。ブドウ酒のほか各種食品を産する。四季を通じて保養客が絶えない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤルタ【Yalta】

ウクライナ南端,クリミア自治共和国の都市。人口8万9300(1991)。クリミア半島の南端,黒海に面し,港がある。2月の平均気温は2℃,7月は23℃,年降水量700mm。屈指の保養地,観光地で多くの保養施設があり,チェーホフも1899年この地に移り,《三人姉妹》《桜の園》を書いた。1145年以来ジャリタDzhalitaの名で知られ,14世紀にジェノバの植民市,1475年にトルコ領となったあと,クリム・ハーン国の併合に伴い,1783年にロシア領となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヤルタ【Yalta】

ウクライナ、クリム半島の黒海に面する港湾都市。気候の温暖な保養地。ワイン・タバコを産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤルタ
やるた
Ялта Yalta

ウクライナ南部、クリミア半島南岸にある保養都市。黒海に面する港湾都市でもある。人口8万2000(2001)。クリミア半島中心部のシンフェロポリから南へ86キロメートルにあたり、その間をバス、トロリーバス、シャトル便のヘリコプターが結ぶ。クリム山地を北側に背負い、平均気温は7月約24℃、1月約4℃、年降水量は約700ミリメートルと、気候温和である。海水浴シーズンは6月初旬~10月初旬だが、冬季に北国ロシアからやって来る人が多く、避寒地として知られる。クリム山脈南麓(なんろく)から海岸にかけて、ホテル、ペンション、保養所、サナトリウムなどが、疎林やブドウ畑の中に散在している。観光産業以外では、ぶどう酒(商標名「マッサンドラ」は国外でも著名)、ブランデーなどの醸造、土産(みやげ)品製造、食品加工などが行われる。また農業技術学校、医学校、醸造試験場、転地療養医学研究所、映画撮影所、チェーホフの住居記念館などがある。1945年2月のヤルタ会談は、海を見下ろすリバディヤ宮殿で行われた。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤルタの関連キーワードマーシャル(George Catlett Marshall)フランクリン・D. ローズベルトジョージ・C. マーシャルポーランド国民解放委員会ユーディ メニューインヤルタ・ポツダム体制モーリス トレーズP. ディクソン犬を連れた奥さんボグダノービッチ中ソ友好同盟条約ステティニアスヤルタ秘密協定リバディヤ宮殿ミコワイチクポツダム協定ローズベルトエフパトリヤミリューチンシチェプキン

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤルタの関連情報