コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤルタ ヤルタYalta

翻訳|Yalta

5件 の用語解説(ヤルタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤルタ
ヤルタ
Yalta

ウクライナ南部,クルイム自治共和国の都市。クリミヤ (クルイム) 半島南岸,黒海にのぞむ港湾都市クルイム山脈南麓にあり,山脈により冷たい北風,北東風がさえぎられ,温暖な気候に恵まれるので,19世紀後半以降,保養地として発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤルタ

ウクライナ南部の都市。クリミア半島南岸の黒海岸にある避暑・避寒地。地中海式気候で,背後のクリミア山地が北風をさえぎる。ブドウ酒のほか各種食品を産する。四季を通じて保養客が絶えない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤルタ【Yalta】

ウクライナ南端,クリミア自治共和国の都市。人口8万9300(1991)。クリミア半島の南端,黒海に面し,港がある。2月の平均気温は2℃,7月は23℃,年降水量700mm。屈指の保養地,観光地で多くの保養施設があり,チェーホフも1899年この地に移り,《三人姉妹》《桜の園》を書いた。1145年以来ジャリタDzhalitaの名で知られ,14世紀にジェノバの植民市,1475年にトルコ領となったあと,クリム・ハーン国の併合に伴い,1783年にロシア領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤルタ
やるた
Ялта Yalta

ウクライナ南部、クリミア半島南岸にある保養都市。黒海に面する港湾都市でもある。人口8万2000(2001)。クリミア半島中心部のシンフェロポリから南へ86キロメートルにあたり、その間をバス、トロリーバスシャトル便ヘリコプターが結ぶ。クリム山地を北側に背負い、平均気温は7月約24℃、1月約4℃、年降水量は約700ミリメートルと、気候温和である。海水浴シーズンは6月初旬~10月初旬だが、冬季に北国ロシアからやって来る人が多く、避寒地として知られる。クリム山脈南麓(なんろく)から海岸にかけて、ホテル、ペンション、保養所、サナトリウムなどが、疎林やブドウ畑の中に散在している。観光産業以外では、ぶどう酒(商標名「マッサンドラ」は国外でも著名)、ブランデーなどの醸造、土産(みやげ)品製造、食品加工などが行われる。また農業技術学校、医学校、醸造試験場、転地療養医学研究所、映画撮影所、チェーホフの住居記念館などがある。1945年2月のヤルタ会談は、海を見下ろすリバディヤ宮殿で行われた。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤルタの関連情報