コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユエ ユエ Huet, Paul

8件 の用語解説(ユエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユエ
ユエ
Huet, Paul

[生]1803.10.3. パリ
[没]1869.1.9. パリ
フランスの画家。 E.ドラクロアと交遊をもち,A.J.グロ,C.ゲランに師事。バルビゾン派の主要画家の一人としてロマン主義的な風景画を描き,印象主義の先駆的存在となった。油彩のほか水彩,銅版画,石版画も残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ユエ
ユエ
Huet(Huetius), Pierre Daniel

[生]1630.2.8. カン
[没]1721.1.26. パリ
フランスの哲学者,科学者。アブランシュの司教。スウェーデンの王立図書館で『マタイによる福音書』についてのオリゲネスの注釈を読み,オリゲネスの編集を企て,またパリで著名な科学者と交わり,科学的研究も深めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ユエ
ユエ

フエ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユエ

フエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユエ【Paul Huet】

1803‐69
フランスの画家,版画家。はじめJ.L.T.ジェリコーに心酔したが,のちにR.P.ボニントンと親交をもち,同じような作風をもつにいたった。しかしユエはしだいにコンスタブルの影響をうけ,色調と筆触が重くなり,17世紀のオランダ風景画に近づく。《僧院の背後に沈む太陽》(1831)は,文学的幻想と荒々しい自然との組合せによって最初のロマン主義風景画と考えられる。外国旅行ののち風景画の明暗の対照が大きくなり,また神秘感を深める。

ユエ【Pierre Daniel Huet】

1630‐1721
フランスの学者。〈アブランシュの司教〉の名で呼ばれる。1歳半で父親を,6歳で母を失い,カンのイエズス会で13歳まで学び,カン大学で法学博士となる。21歳でパリに出たときには数学者として,またギリシア語ヘブライ語の碩学として知られていた。オリゲネスの翻訳や《解釈論》《翻訳論》などの著作が注目されて,1670年ボシュエの下で王太子の教育に当たるよう任命され,〈Ad usum Delphini(王太子用)〉の名で知られるギリシア・ラテン叢書を刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ユエ【Hué】

フエのフランス語読み。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユエ
ゆえ
Hue

ベトナム中部、トゥアティエン省の省都。フエともよばれ、漢字では順化と書く。ハノイホー・チ・ミンのほぼ中間、南シナ海から約16キロメートル内陸のアンナン山脈東斜面の狭い平野に位置する。人口27万1900(2003推計)。歴史的都市のために、住民には仏教徒、知識人が多い。市内はフォンザン川(香江)によって南北に分かれ、南部にはマーケット、北部には王宮や要塞(ようさい)などがあり、歴史的な遺物、遺跡に富んでいる。チャム人の遺跡も多く、博物館にはその遺物が納められている。ベトナム戦争中、1968年のテト攻勢で市街の9割が破壊されたが現在は復興が進んでいる。[菊池一雅]

歴史

もともとベトナム人の居住地ではなく、3世紀に林邑(りんゆう)(チャンパ)の辺境であったが、10世紀にはチャンパ領北部、烏(う)・里2州の中心となっていた。しかし、ベトナム人の南進の歴史のなかで陳(ちん)朝(チャン朝)の英宗が策略をもってチャンパから烏・里2州を奪い(1307)、順州、化州と改めてから順化の名がおこるとともに、化(ホア)の訛音(かおん)フエ(ユエ)が通称となった。黎(れい)朝(レ朝)後半、順化の鎮守となった阮(げん)(グエン)氏が北方の鄭(てい)(チン)氏と対抗した南北分裂期に、阮氏はその居城を富春(順化)に定めたが、黎朝末の西山党(タイソン党)の乱に乗じた鄭氏軍によって占領され(1774)、阮氏は南方に逃げて滅亡した。
 その後西山党が北征を開始するとフエはその手中に帰し、西山党を滅ぼして阮朝が成立(1806)するとその王都となった。1882年ベトナムを侵略したフランス軍に占領され、フエ条約(1883)で阮朝がフランスの保護王朝となったのち、1945年の独立まで保護領安南の首府であり、政治都市ハノイや商業都市サイゴンとは際だって対照的な都市として発展した。[川本邦衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユエの言及

【フエ】より

…人口21万9000(1992)。フランス語風にユエとも呼ばれ,漢字では順化と書く。標高15m,南シナ海海岸から約16km内陸の海岸平野にあり,市の中央をフォンザン川(香江)が流れる。…

※「ユエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユエの関連キーワードフランシュコンテマルブランシュフランチェスコ修道会フランス刺繍エアブラン解放されたフランケンシュタインフランケンシュタインの復讐ぶらんこの絶好のチャンスシュナンブランペキネ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユエの関連情報