コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユキウサギ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユキウサギ

エゾユキウサギ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユキウサギ
ゆきうさぎ / 雪兎
arctic hare
[学]Lepus timidus

哺乳(ほにゅう)綱ウサギ目ウサギ科の動物。ユーラシア大陸北部に分布し、日本では北海道に1亜種エゾユキウサギ(一名エゾノウサギ)が生息する。頭胴長50~58センチメートル、尾長4.8~7.5センチメートル。夏毛は褐色であるが、冬には耳の先の黒色部を除き白化する。本州以南のノウサギより大形で尾が長い。歯式は

で合計28本。低地から高山までの草原から森林にすみ、地上性で地中の穴は掘らない。冬も通常は雪上で眠るが、ときに深さ2メートルに達する雪穴を掘ることがある。夜行性で、草本類、木の芽・枝・皮などを食べ、カラマツ、カバなどの植林木やリンゴなどの果樹に大害を与えることがある。不規則であるが数年おきに生息数の増減がみられる。妊娠期間約50日ののち1~3子を産む。新生子は毛が生えそろい開眼している。天敵はワシ、タカ類、キツネなどである。[阿部 永]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユキウサギの関連キーワードクルアーニー/ランゲルタッシェンシニ・アルセク州立自然公園ユキウサギ(雪兎)エゾノウサギコミ原生林野兎・野兔ノウサギアルビノ蝦夷野兔ウサギ歯式阿部白兎体色冬毛夏毛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユキウサギの関連情報