コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニチカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユニチカ

総合繊維会社。三和グループ系企業 1889年尼崎紡績として設立,1918年摂津紡績を合併して大日本紡績と改称,64年ニチボーと改称,69年日本レイヨン (1926年大日本紡績から分離独立して設立) と合併して現社名に変更。天然繊維,化合成繊維の総合素材メーカーとして原綿から最終紡績加工製品まで一貫生産を行なっている。 72年には事業部制を施行して新体制を整え,プラスチックエンジニアリング,住宅産業,医療品などの非繊維分野にも進出した。売上構成比は,ナイロン 11%,ポリエステル 24%,綿4%,毛3%,製品3%,非繊維 50%,その他6%。年間売上高 3037億 4700万円 (連結。うち輸出 10%) ,資本金 237億 9800万円,従業員数 2970名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ユニチカ

1889(明治22)年、尼崎紡績(その後ニチボー)として創業。戦後は合成繊維も手がける。1969年、日本レイヨンと合併しユニチカに。当時、女子バレーボール部は名門で、64年の東京五輪で金メダルを獲得した日本代表は、ニチボーの選手が主体だった。同部はユニチカの業績悪化で2000年に廃部となった。

(2014-05-27 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ユニチカ

正式社名「ユニチカ株式会社」。英文社名「UNITIKA LTD.」。繊維製品製造業。明治22年(1889)「有限責任尼崎紡績会社」設立。同26年(1893)「尼崎紡績株式会社」に改組。大正7年(1918)「大日本紡績株式会社」に改称。昭和39年(1964)「ニチボー株式会社」に改称。同44年(1969)「日本レイヨン株式会社」と合併し現在の社名に変更。本社は大阪市中央区久太郎町。総合繊維会社。プラスチックフィルム・樹脂製品・ガラス繊維などの産業資材も展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード3103。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

ユニチカの関連キーワード兵庫県尼崎市東本町日本酢ビ・ポバールバスケットボールケイエス冷凍食品ユニチカ(株)田代 重右衛門田代重右衛門オーツタイヤ福本 元之助化学繊維工業希生ザイラー大阪府貝塚市総社(市)大松 博文小幡 謙三菊池 恭三島本[町]貝塚(市)坂口 二郎福本元之助

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユニチカの関連情報